ここから本文です

せいかいなんてない…!? さくら学院が“個性的カルタ”を続々作成

Smartザテレビジョン 9/18(日) 14:50配信

アイドルグループ・さくら学院が9月17日、神奈川・はまぎんホールヴィアマーレにてイベント「公開授業 カルタの授業」を開催した。

【写真を見る】「き」の文字を引いて満面の笑みの麻生真彩。右は倉本美津留“校長”

さくら学院の「公開授業」は毎回各ジャンルの専門家を講師として呼び、さくら学院の生徒たちが知見を広めるという企画で、不定期で行われているもの。

今回はさくら学院“校長”で「ことば絵本 明日のカルタ」などの著書もある倉本美津留が講師を務め、メンバーがくじ引きでひいた50音をもとに「さくら学院の活動を通して後世に残したい言葉・メッセ―ジ」を各々カルタにして作るという趣向で、生徒を入れ替え3部制で“授業”が行われた。

メンバーが作ったカルタは、生徒会長の倉島颯良による「“ち”っちゃいクマムシを積み重ねたら、スカイツリーに届くかも」のほか、中等部2年の岡田愛が「“し”んじてみよう。となりの子を。」、小等部6年の有友緒心が「“せ”いかいなんてない。だけど全部せいかい!」、同じく小等部6年の吉田爽葉香が「“は”ーと、息がでる『はーと』がしゃべっているのかな?」など、それぞれの個性があふれたもの。

そしてイベントの最後には、倉本校長演奏によるギターを伴奏に、普段ライブでは聴くことのできないさくら学院の楽曲「さくら百人一首」を約5年振りに披露。集まった“父兄”(さくら学院ファン)を大いに喜ばせていた。

最終更新:9/18(日) 23:05

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。