ここから本文です

旬のいわしを使った簡単アクアパッツァがフライパンで作ろう

東京ウォーカー 9月18日(日)15時0分配信

「アクアパッツァ」と聞くと、「そんなコジャレたメニューは難しそう」と思う人も多いかも? でも、魚の下処理さえしてしまえば、あとはとっても簡単。魚介からもいい出汁が出るので失敗なしで、手間をかけずに華やかな見た目の出来上がりに。いわしに含まれるEPAとDHAは、血中の中性脂肪やコレステロールを減少させる働きもあり、健康面でもバッチリ。魚介の栄養が詰まった一皿を作ってみてはいかが?

【写真を見る】新鮮ないわしを選ぶポイントは、目が澄んでいて体にある黒い斑点がくっきりと鮮やかなもの

【フライパンアクアパッツァ】(1人分 288kcal、塩分2.4g)

<材料・2人分>いわし4尾、あさり(砂抜)200g、トマト小1個(約150g)、セロリ(葉つき)1本、にんにく1/2片、玉ねぎの薄切り1/3個分、白ワイン(または酒)1/4カップ、塩、こしょう

<作り方>

(1)いわしは頭を切り落とし、腹部分を約5mm斜めに切り落として内臓をかき出し、腹の中をきれいに洗う。バットに並べて塩大さじ1をふり、冷蔵庫で約15分おき、水で洗う。

(2)トマトは1cm角に切る。セロリは葉と切り分けて斜め薄切りにし、葉は粗みじん切りにする。にんにくは包丁の腹で潰す。

(3)フライパンに玉ねぎ、セロリ、にんにく、1のいわし、トマト、あさり、セロリの葉半量、ワイン、水3/4カップの順に入れる。ふたをして火にかけ、いわしに火が通るまで4~5分蒸し煮にする。

(4)残りのセロリの葉を散らし、こしょう少々をふる。好みでレモンを搾っても。

※このレシピでは、直径26cmのフッ素樹脂加工のフライパンを使用。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9月18日(日)15時0分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]