ここから本文です

カリッと揚がった魚介と夏野菜のフリットでおもてなし!のレシピ

東京ウォーカー 9月18日(日)16時0分配信

おかずはもちろん、おつまみにぴったりのレシピをご紹介。いろどり鮮やかな野菜と仕上げる「魚介と夏野菜のフリット」は、ホームパーティなど人が集まる食卓でも登場させたい華のあるメニュー。衣にビールを入れることで、サクッとした仕上がりになっている。材料を揃え下ごしらえを終えておけば、あとは好きなタイミングで揚げるだけ。あつあつを用意して宴席を盛り上げることもできるのだ。

夏はえび・いか・ほたても美味しい季節

【魚介と夏野菜のフリット】(1人分312g、塩分1.2g、調理時間30分)

<材料・2人分>えび(ブラックタイガー4尾、いか(胴)1/2ぱい分、かぼちゃ100g、ジャンボピーマン(赤)1/2個、オクラ2本、ビール75cc、レモン1/4個、粉ざんしょう適宜・小麦粉、揚げ油、塩

<作り方>

(1)えびは殻と尾をむき、背わたを除く。いかは皮をむいて1.5cm幅の輪切りにする。かぼちゃは1cm厚さ、ピーマンは縦半分に切ってへたを取って種を出し、縦に1.5cm幅に切って長さを半分に切る。レモンはくし型に切る。

(2)ボウルにビールを入れ、小麦粉40gを徐々に加えて軽く混ぜる。

(3)揚げ油を中温(170度)に熱し、かぼちゃ、ピーマン、オクラ、えび、いかの順に(2)のころもをつけながらカラリと揚げる。4.器に盛り、粉ざんしょうと塩適宜を混ぜたものと、レモンを添える。東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9月18日(日)16時0分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]