ここから本文です

カリッと揚がった魚介と夏野菜のフリットでおもてなし!のレシピ

東京ウォーカー 9/18(日) 16:00配信

おかずはもちろん、おつまみにぴったりのレシピをご紹介。いろどり鮮やかな野菜と仕上げる「魚介と夏野菜のフリット」は、ホームパーティなど人が集まる食卓でも登場させたい華のあるメニュー。衣にビールを入れることで、サクッとした仕上がりになっている。材料を揃え下ごしらえを終えておけば、あとは好きなタイミングで揚げるだけ。あつあつを用意して宴席を盛り上げることもできるのだ。

夏はえび・いか・ほたても美味しい季節

【魚介と夏野菜のフリット】(1人分312g、塩分1.2g、調理時間30分)

<材料・2人分>えび(ブラックタイガー4尾、いか(胴)1/2ぱい分、かぼちゃ100g、ジャンボピーマン(赤)1/2個、オクラ2本、ビール75cc、レモン1/4個、粉ざんしょう適宜・小麦粉、揚げ油、塩

<作り方>

(1)えびは殻と尾をむき、背わたを除く。いかは皮をむいて1.5cm幅の輪切りにする。かぼちゃは1cm厚さ、ピーマンは縦半分に切ってへたを取って種を出し、縦に1.5cm幅に切って長さを半分に切る。レモンはくし型に切る。

(2)ボウルにビールを入れ、小麦粉40gを徐々に加えて軽く混ぜる。

(3)揚げ油を中温(170度)に熱し、かぼちゃ、ピーマン、オクラ、えび、いかの順に(2)のころもをつけながらカラリと揚げる。4.器に盛り、粉ざんしょうと塩適宜を混ぜたものと、レモンを添える。東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/18(日) 16:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。