ここから本文です

南米産のこだわりカカオを使用した本格チョコが限定販売!

東京ウォーカー 9/18(日) 18:56配信

パリのチョコレートの名店「シャポン」が、「旅するショコラ 南米セレクション」(各1枚4枚セット、8500円)を、数量限定で通信販売中。

【写真を見る】「タブレットヌガティーヌ」は、タブレットチョコには珍しい二層構造の食感が楽しめる

数あるシャポンのタブレットチョコレートの中から、南米産カカオを使用したチョコをセレクト。

3種類のナッツの香りとざくざく食感が楽しい「タブレットヌガティーヌ」は、日本初上陸。酸味とほのかな苦味がクセになる「フォルチュナートペルー」は、世界的にも貴重なペルーのフォルチュナートカカオ豆を使用したチョコだ。「タブレットブラジル」は、甘さがひきたつブラジル産カカオを使用し、苦みの少ない、食べやすいタブレットチョコレートに仕上がっている。そして、シャポン自らが実際にカカオ農園へ出向き、本物だけを選んだ「リオカリブ、ベネズエラ100%カカオ」は、カリブ産とべネスエラ産の2種類のカカオをブレンドした、濃厚でフルーティーなチョコ。

甘さ控えめのチョコレートは、涼しくなってゆくこの時期にもぴったり。赤ワイン、エスプレッソやブラックコーヒーと一緒に味わうのもおすすめだ。カカオの名産地・南米から生まれた味と香りを、堪能してみては。【ウォーカープラス編集部/ホシ】

最終更新:9/18(日) 18:59

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。