ここから本文です

冷麺を食べ納めする前に作って!「ぽん酢トマトだれの冷やしそば」

東京ウォーカー 9/18(日) 21:30配信

涼しくなってきた今日このごろ、冷たい麺の出番はもう少ししたら終了かも? そんなときに食べておきたいレシピをご紹介。トマトとツナのゴロッとして見た目と食感が楽しい麺だ。調理のポイントは、トマトを加熱すること。リコピンとβ‐カロテンは加熱することで吸収率が高くなり、トマトとたれも良く絡み、旨みの効いたたれが完成する。食がすすむこと間違いなしの一皿をどうぞ。

【写真を見る】焼きトマトを入れたたれは、冷蔵庫で冷やす

【主菜】ポン酢トマトだれの冷やしそば(1人分520kcal、塩分4.3g)

<材料・2人分>中華生麺2玉、ツナ缶小1缶(約80g)、みょうが2個、レタス1/3個、ミニトマト20個、ポン酢じょうゆ3/4カップ

<作り方>

(1)みょうがは薄い小口切りにし、水にさらして水をきる。レタスはざく切りにする。ツナは缶汁をきる。ボウルにポン酢じょうゆを入れる。

(2)フライパンは油をひかずに火にかけて温め、ミニトマトを入れて焼く。皮がはじけて表面に少し焼き色がついたら(1)のボウルに加え、2~3個をつぶしてポン酢じょうゆに混ぜてから全体を軽くあえ、冷蔵庫で冷やす。

(3)たっぷりの熱湯で中華麺を袋の表示どおりにゆでて湯をきる。冷水でもみ洗いし、水をきる。

(4)麺を器に盛り、レタス、ツナをのせる。(2)をつゆごとかけ、みょうがをのせる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】 

最終更新:9/18(日) 21:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。