ここから本文です

犬は苦みや塩味を感じにくいって知ってた?

@DIME 9/18(日) 15:06配信

舌などにある味を感じる器官の味蕾(みらい)ですが、人間の味蕾の数は約1万個あるのに対して、犬は2000個ほどしかないと言われています。このため、犬は人間の味覚ほど味を感じることが出来ず、ごはんを味わって食べるということはあまりしていないといわれています。

しかし、肉の味のようなものを感じる受容器のC群レセプターや、果物などの甘味を感じる受容器のA群レセプターは発達しているため、これらの食物が好物になる犬が多いといわれています。

逆に、苦味を感じる部分はあまり発達しておらず、舌の奥のほうで感じるといわれています。そのためしつけ用に用いる苦い味のするものを口にした際、吐き出すまでに時間がかかったりするのです。

また、塩味を感じる部分も欠けているといわれていますが、これは犬が塩味を感じなくても今まで生きて来られたことを表します。野生の環境下で犬が食べていたのは野生動物。野生動物には当然、塩分を含んだ血液や体液が流れているため、野生動物さえ食べていれば塩分が取れるということになるのです。

文/大原絵理香

@DIME編集部

最終更新:9/18(日) 15:06

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。