ここから本文です

レシートためてない? 専業主婦が1000万貯めるための5原則

女性自身 9/18(日) 6:00配信

「一生懸命節約しているのに、お金が全然貯まらない!」

 家計を預かる主婦たちの多くが嘆くなか、「結婚から8年目で貯金1,000万円を達成した」と語るのは、ウェブサイト「マネーの達人」のライター・青山ひろこさん(30代)。夫と小1、4歳の娘の4人で、関東地方で暮らす。マイホームを建てるため貯金の目標を立てて、徹底してムダを省いた、その節約術が今、ネットで話題を呼んでいる。そこで、青山さんに1,000万円貯めるコツを聞いた。

【1】何よりもまず固定費を抑えるべし

 目標金額は1年間で150万円ぐらいと決め、まず家賃に注目した。現在、青山さん一家が住んでいるのは、夫の会社の社宅。築37年で古いが58平米の3DKで、家賃は月々約4万円!近所の相場の半分以下という。

「家賃にお金をかけるのはもったいないので、浮かせた分、貯蓄にまわすことができます。社宅がない場合でも、家賃の安いところに引っ越したほうがいいと思います。短期間で効率よくお金を貯めることができますよ」

 さらに、年間26万~27万円ほどかかっていた夫の生命保険を解約。通信費はガラケーとタブレット端末を利用するだけなので、夫婦2人で1カ月8,000円!

【2】外食の回数は月に1~2回まで

 ふだんの食事は、育ち盛りの子どもがいることもあり、季節のものや旬の食材を選ぶなどしているが、その分、外食を控えているという。

「わが家も土日は外食していましたが、家族4人で5,000円ぐらいはアッという間になくなってしまうので、いかに回数を減らせるのかがポイントです。理想は月1、2回。予算も1万円は超えないようにしています」

【3】背丈の低い収納はいいことずくめ

 築37年の部屋でも、快適に暮らせるように工夫を凝らした。特に、青山さんがこだわったのは家具だという。

「部屋を広く見せるために、なるべく背丈の低い、コンパクトな家具を選びました」

 背丈の低い家具を選ぶ理由はもう1つある。収納部分が狭いので物が入らない。そこで、整理整頓をして、いらない物や使っていない物は処分する。必要な物だけを持つようにしている。

【4】買い物にはフリマアプリの活用を

「買い物は好きなので我慢はしませんが、『欲しい』と思っても、すぐに買わないで、まずは『フリマアプリ』で商品を探してから買うようにしています」

 青山さんが愛用しているフリマアプリは「メルカリ」。不用品をスマホやタブレットで写真に撮り、値段を決めて出品するだけ。欲しい人からアクセスがあれば、取引が成立。ここに、着なくなった洋服など不用品を出品し、貯まったお金でそのときに必要な物を買う。お金をなるべくかけないで、欲しい物を手に入れている。

【5】家計簿は年単位で帳尻を合わせて

 青山さんのお財布の中身はスッキリ!カード類は使う頻度が高い物だけを持ち歩き、レシートも毎日取り出すのがコツ。

「レシートは財布から取り出し、クリップにはさみ、冷蔵庫に貼りつけておきます。1週間に1度『生活費』のエクセルにレシートの金額を打ち込み、次は1カ月に1度、『生活費』の項目を家計簿のエクセルに転記します。このエクセルには、通帳から直接引き落とされる水道光熱費や、クレジットカードの引き落としを漏れなく記録して、通帳の数字と合わせることがポイント」

 家計簿は毎日つけないが、収支をぴったり合わせるこの方法にしてから、貯金のスピードがグンと上がったとか。

「車の維持費や自動車税などがたくさんかかる月もありますので、赤字の月があってもいい。一年の終わりに帳尻が合えばいい、というくらいのほうが、家計簿は続きます」

 5つの簡単なルールを実践するだけで、あなたも貯金通帳を眺めるのがきっと楽しくなるはず!

最終更新:9/18(日) 6:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。