ここから本文です

デキるビジネスマンはこう歌っている 喉に優しいカラオケ<発声法編>

オトナンサー 9/18(日) 10:00配信

 「明日は朝から大事な会議だけどカラオケで思い切りストレス発散したい」。会社員であれば多かれ少なかれ、こんな気持ちになることがあるはずです。しかし、喉を枯らしたまま翌朝の会議に臨むことはビジネスマンとして決して良い振る舞いとは言えません。

 今回は国際経済アナリストの傍ら、ボイストレーニング教室を主宰する平田啓さんに、喉を枯らさない発声法「リップロール」について聞きました。

「高音」「きれい」などのメリットも

 平田さんによると、「リップロール」は唇(リップ)を閉じた状態で息を吹いて、唇を震わせる(ロール)発声法でボイストレーニングの基本技術。普通の人でも簡単に挑戦することができ、すぐに効果が出る“便利技”といいます。

 声を枯らさないだけなく「高音を出す」「正しい音程を取る」「きれいな裏声を出す」などのメリットもあるそうですよ。手順は以下のとおりです。

1.上下の歯を少し離したまま口を軽く閉じる
2.息を吸う
3.息を少しずつ吐きながら唇をブルブル振動させる
4.再び息を吸う
5.息を吐いて「ドレミファソファミレド」と音階をつけながら唇を振動させる

 そうは言っても、最初は音階を付けることはもとより唇を振動させることができない人も多いそう。これを克服するには「指を唇の脇に添えることです」(平田さん)。徐々に振動させられるようになったら、手順3~4はスキップしてもオーケーです。

喉声は相手に悪印象を与える

 この発声法を身につけると「喉声」にならずに済むそうです。そもそも、喉声は発声時に喉仏が上がり、口の中の空間が狭まることで響きがなくなった声のこと。喉声で歌うと高音が出にくいため、喉を枯らす原因になります。また同席した相手に息苦しく聞こえてしまうデメリットもあるそうです。

 唇を振動させるだけの発声法が歌の良し悪しに関係するのは「あごに力を入れず、唇をリラックスさせて発声できるから」(平田さん)。ぜひチャレンジしてみましょう。

 次回はカラオケボックスで「注文してはいけないもの」について取り上げます。

オトナンサー編集部

最終更新:9/18(日) 10:54

オトナンサー