ここから本文です

身体のゆがみを正して「痩せやすい身体」になろう!

OurAge 9/18(日) 15:28配信

「健康、ダイエット、アンチエイジングなど、姿勢は全ての基本です」と姿勢の大切さを常に説いている、癒しケアカンパニー代表理事の荻野こず恵さん。

「姿勢は身体のゆがみと大きな関係があります。身体のゆがみがあると正しい姿勢を保つことができません。身体のゆがみは、膝の痛み、腰の痛み、肩の痛み、首の痛み、頭の痛み、眼精疲労、冷え、むくみ、肥満、老化、内臓の不調など、さまざまな痛み・不調を引き起こします。

身体のゆがみを治すと、これらの痛み・不調が8割がた改善されます。そして痩せやすい身体になります」と荻野さん。ほんとに?それは気になる!

日常生活の中でとる姿勢は、猫背、前傾姿勢になってしまうものがほとんど。全ての動作が前かがみになる動作ばかりだ。上を見たり、バンザイしたり、体を反らせる事は、なるほど、自分で意識しないと、生活の中ではやらない動作だ。

「猫背・前傾姿勢になると、肋骨が広がらず、呼吸が浅くなり、ひいては体中への酸素量が低下し、基礎代謝量も上がらなくなってしまいます。ゆがみ(骨盤)を正して肋骨を広げ、猫背・前傾姿勢を改善することで体内酸素量を増やし、基礎代謝量を上げ、痩せやすい身体作りをしましょう!」

100円ショップで「骨盤まくら」を見つけたという荻野さん。円柱の形をした枕だ。そんな円柱枕やバスタオルを使ってできる骨盤調整法を教えていただいた。

●『猫背・骨盤調整法』
1.両膝をフェイスタオルや紐で結ぶ。
2.あおむけに寝る。
3.腰の部分に円柱枕やバスタオルを丸めて置く。
4.手を上に伸ばしてバンザイする。
5.そのまま3分間、寝たままストレッチする。

自分で骨盤調整ができ、ウエストもほっそり、年齢とともに下がった筋肉が本来の位置に戻るとのこと。膝・腰・肩・首の痛みなどの予防にもなり、内臓の働き・自律神経の調整にも効果的だそう。

「この“ただ寝るだけストレッチ”、ゆがみを正して痩せやすい身体になるので、是非おすすめです!」

最終更新:9/18(日) 15:28

OurAge

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。