ここから本文です

【内藤雄士ゴルフレッスン】動画で理想と現実のギャップを確認!

webスポルティーバ 9月18日(日)13時19分配信

白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第25回 ~カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン~

●自分のスイングを動画でチェック

内藤雄士コーチ:以下内藤 球数を増やして、スイングすることに慣れてもらうことが大事だと前回説明しましたが、自主練の成果はどうですか?

白石あさえ:以下白石 頑張って練習場に通っていますよ。良いショットも出るんですが、やっぱりミスショットも多いんです。気持ちよく打てた時は、練習はどんどん楽しくなるんですけどねぇ。

内藤 球数を増やして、経験値を増やすことも大事ですが、ゴルフのスイングはイメージ作りも大事なんです。方法としては、トーナメント中継をテレビで観戦したり、ゴルフ雑誌なんかでスイング写真を見るだけでも効果はあるんですよ。また、実際にレッスンでも行なっていることですが、自身のスイングを動画で撮影して、それを確認しながら練習することも効果があります。

白石 自分のスイングを見るのって、なんだか恥ずかしいですね。

内藤 最近の練習場では、撮影した動画の画面上に線を引いたりして、スイング軌道をチェックしたり、機械によっては内蔵されているプロのスイングとスロー再生で並べて比較することもできるんです。

白石 イメージと全然違いますね。上手に振れているとは思っていないですけど、「これが自分?」って感じはあります。なんだかショックです。

内藤 でも、こうやって映像で見ると、どこが悪いかがわかりやすくなりませんか?

白石 すごくわかりやすいです。良いショットが出るときと、悪いショットが出るときの差もはっきり確認できますね。

内藤 毎回打つたびに動画を撮影する必要はないですが、定期的にチェックすることは大事なことです。プロでも動画を確認してイメージ通りに振れているかどうかを確認するんです。調子が悪くなったときほど、知らないうちにアドレスや、クラブの上げ方など、ちょっとしたことが狂っているものなんです。

白石 自分のスイングの悪い点を、画面を見ながら説明されると、本当にわかりやすいですもんね。頭を動かしていないつもりなのに、思っている以上に動いていたり、クラブの動きもバラバラだったり……直すところがたくさんありますね。

内藤 動画撮影のメリットはその場で確認できるということです。白石さんも、今の時期のスイングを保存しておくといいと思います。それで、数ヶ月後に比べると、成長の度合いがはっきり出ていると思います。

白石 早速保存しておきます!

〈スイングチェックをして再度、練習場へ出た白石さん。「内藤コーチが最初のほうのレッスンで、見た目がきれいなスイングが正しいスイングと言っていたのを思い出しました」〉

(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。昨年念願だったグラビアデビューを果たす。今春からは各週刊誌でページをジャック、パーフェクトボディーが注目を浴びる。6月末発売の週刊プレイボーイ28号では、巨匠・渡辺達生氏らとコラボしたグラビアが話題に。学生時代はバスケットボール部に所属し、趣味はスノーボードというスポーツウーマンで、大型自動二輪免許も取得し、バイク好きでもある。ゴルフはクラブを触ったことがある程度というまったくの初心者だったが、この連載で着実に上達。「ボールが芯に当たるようになってきました。まだ、恥ずかしいので練習場では端っこにいますけど(笑)」。身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型。

出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato

最終更新:9月18日(日)13時19分

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月22日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 異次元のシーズン』
■羽生結弦 インタビュー、厳選フォト
■浅田真央 復帰シーズンを振り返る

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]