ここから本文です

「コーヒー好き」は遺伝子に刻まれている:研究結果

WIRED.jp 9月18日(日)7時31分配信

あなたが1杯のエスプレッソの誘惑に抗えないのだとしたが、それはひょっとしたら、全て遺伝子のせいかもしれない。そう主張しているのは、イタリア人ニコーラ・ピラストゥ率いるエディンバラ大学、トリエステ大学、ブルロ・ガローフォロ小児病院、その他の機関の研究者チームだ。

【「世も末」と嘆く声もある...。「スターバックスの進出」を嘆くイタリアの人たち】

彼らはまさに、特定の遺伝子変異とコーヒーに対する愛着の間のつながりを発見した。研究の結果は、『Nature/Scientific Reports』で発表された(Illy(イタリアの大手コーヒー会社)も経済的関わりなしに参加した)。

科学者たちはこう書いている。「コーヒーは、世界で最も消費されている飲み物のひとつであり、カフェインの第一の摂取源である。その経済と健康に対する重要なインパクトのために、遺伝学とコーヒー消費の間のつながりに関係する側面は、数多くの研究の対象となってきた。にもかかわらず、発見すべきことはまだ多く残っている。わたしたちの研究では、この物質に対する依存と関係している遺伝子変異を特定するために、イタリアの2つのグループにおける遺伝的関連の研究を行った」

チームはイタリアの1213人の被験者(プッリャ州カルランティーノの370人とフリウリ・ヴェネツィア=ジュリア州の6つの町の843人)と、同じ数のオランダの被験者に、毎日何杯のコーヒーを消費するかを尋ねた。こうした情報はその後、被験者たちのゲノムに関係する情報と比較された。このことにより、PDSS2遺伝子の変異の存在と、コーヒーに対する愛着の間に、逆相関があることが明らかになった。

研究者たちの分析によると、このような変異は、カフェイン代謝の制御に特化した別の遺伝子を制御しているようだ。この変異が存在すると、カフェインはよりゆっくりと体内から排出される。このことは、もう1杯コーヒーを飲む必要を感じなくさせる。

「研究結果は、過去の研究によってすでに仮説が立てられていたとおり、より多くのコーヒーを飲む傾向が遺伝子によって制御されていることを示唆しています」と、ピラストゥはイタリアの通信社・ANSAに語った。このことを裏付けるために、研究者たちは研究の対象をさらに多くの人々のサンプルに拡大しようとしている。

SANDRO IANNACCONE

最終更新:9月18日(日)7時31分

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED VOL. 24』

コンデナスト・ジャパン

2016年8月9日発売

630円(税込み)

5度目の核実験 北朝鮮を止めるには

5度目の核実験に踏み切った北朝鮮。阻止するすべはないのか、北朝鮮情勢に詳しい専門家やベテラン研究者に聞いた。