ここから本文です

【9月17日埼玉西武対東北楽天BBC独自採点】西武・金子侑が1試合3盗塁で50盗塁を達成。楽天・則本は10敗目も、3年連続の200奪三振

ベースボールチャンネル 9/18(日) 8:00配信

西武先発の菊池はまた血マメで6回途中降板

 西武が3-1で楽天に勝利した。

 試合は、西武が3回裏、2死から1番・金子侑司が内野安打で出塁すると、相手バッテリーの警戒を掻い潜って盗塁を成功させた。さらに、ワイルドピッチで金子侑が三塁へ進むと、2番・秋山翔吾の投手強襲打が遊撃前に転がって、これを楽天・遊撃手・茂木栄五郎がハンブル(記録は失策)。西武が1点を先制した。

 4回裏には、2死1塁から7番・栗山巧の適時二塁打で1点を追加。5回裏にも、金子侑が四球を足掛かりに二盗を成功。2死1、3塁から4番・中村剛也の遊撃内野安打で1点を追加して3-0とした。

 西武は菊池雄星が先発。5回を無失点に抑えたが、6回途中、無死1、2塁のピンチで左指のマメをつぶして降板した。菊池の後は、6回のピンチを大石達也が摘み取って無失点で切り抜けた。7回は武隈祥太、8回は牧田和久が1失点したものの、9回はクローザーの増田達至が締めて、3-1で勝利した。

 楽天はエースの則本昂大が先発。6回を3失点に抑える好投を見せたが、打線の援護がなく10敗目を喫した。なお、3年連続の200奪三振を記録した。

 これで楽天は3連敗を喫した。

 試合後、田邊徳男監督は「楽しみなトップバッターになりつつある」と3盗塁で50盗塁を達成した金子侑を評価。6回途中、指のマメをつぶして降板した菊池には「体質なんでしょうがないでしょう」と意に介さず「急きょマウンドに行ったが、いいピッチングをしてくれた」と好救援の大石を称えていた。

 殊勲の金子侑は「シーズン途中に50盗塁という数字を耳して狙ったいたので、達成できてよかった。相手が警戒してくると燃えるタイプなので、(則本―嶋のバッテリーから)決められたのは良かった」とスピードスターのプライドをのぞかせた。

 採点は以下の通り。

【採点基準】
8  シーズンに1試合あるかないかの活躍
7.5 突き抜けた活躍
7  勝利貢献度上
6.5 勝利貢献度中
6  勝利貢献度小
5.5 活躍した選手
5  可もなく不可もない
4.5 足を引っ張った
4  敗戦につながるミス
3.5 退場など試合を壊す

さらに現地取材の内容を加味します。

1/3ページ

最終更新:9/18(日) 8:00

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。