ここから本文です

M・デイモンら、“ボーン”シリーズ最新作の製作理由を明かす 「復帰にふさわしいタイミング来た」

リアルサウンド 9月18日(日)9時55分配信

 マット・デイモン主演作『ジェイソン・ボーン』の製作理由を、マット・デイモン、ポール・グリーングラス監督らが明かした。

 本作は、マット・デイモンとポール・グリーングラス監督がタッグを組み製作された“ボーン”シリーズの最新作。記憶を失い、愛する者を奪われた最強の暗殺者=ジェイソン・ボーンの新たな闘いを描く。

 シリーズ1作目から製作に携わっているフランク・マーシャルは、前作から10年の月日が経った理由を「ボーンが帰ってくるだけの正当な理由があり、かつ現実世界と関連があるストーリーをようやく思いついたんだ」と語る。また、主演のマット・デイモンは、「準備が整わないまま続編の製作を決めるのは嫌だった。ボーンの復帰にふさわしいタイミングまで待っていたんだ」とシリーズ復活についてコメントしている。

 シリーズ2作目と3作目の監督を担当したポール・グリーングラス監督は、「『ボーン』シリ-ズは私にとって家族のようなものだ。皆が再集結してうれしいよ。大勢の人がシリーズ復活はあり得ないと思っていたようだが実現した。まるで、昔のロックバンドが再集結してツアーに出るようだね。過去の名曲と神曲の両方を演奏するんだ」と喜びを語っている。続けてマットも、「他のどんな役を演じたとしても、ジェイソン・ボーン役はずっと僕に付いて回るだろうね。でも、彼のことはすごく気に入っているから、かまわないんだ」と、キャタクターへの愛を述べた。

 さらにマットは、ファンの熱量が本作を製作する後押しになったと語る。「結局のところ、僕たちが続編を作ることにした一番の理由は、皆が見たいと思ってくれていたからだ。空港や街の通りなど、行く先々でいつも聞かれる質問が『ボーンの続編は作る?』だったんだよ。よい作品を作ろうと全員がベストを尽くしたね!」と、ファンから続編を熱望されていたことを明かした。

リアルサウンド編集部

最終更新:9月18日(日)9時55分

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]