ここから本文です

M・デイモンら、“ボーン”シリーズ最新作の製作理由を明かす 「復帰にふさわしいタイミング来た」

リアルサウンド 9/18(日) 9:55配信

 マット・デイモン主演作『ジェイソン・ボーン』の製作理由を、マット・デイモン、ポール・グリーングラス監督らが明かした。

 本作は、マット・デイモンとポール・グリーングラス監督がタッグを組み製作された“ボーン”シリーズの最新作。記憶を失い、愛する者を奪われた最強の暗殺者=ジェイソン・ボーンの新たな闘いを描く。

 シリーズ1作目から製作に携わっているフランク・マーシャルは、前作から10年の月日が経った理由を「ボーンが帰ってくるだけの正当な理由があり、かつ現実世界と関連があるストーリーをようやく思いついたんだ」と語る。また、主演のマット・デイモンは、「準備が整わないまま続編の製作を決めるのは嫌だった。ボーンの復帰にふさわしいタイミングまで待っていたんだ」とシリーズ復活についてコメントしている。

 シリーズ2作目と3作目の監督を担当したポール・グリーングラス監督は、「『ボーン』シリ-ズは私にとって家族のようなものだ。皆が再集結してうれしいよ。大勢の人がシリーズ復活はあり得ないと思っていたようだが実現した。まるで、昔のロックバンドが再集結してツアーに出るようだね。過去の名曲と神曲の両方を演奏するんだ」と喜びを語っている。続けてマットも、「他のどんな役を演じたとしても、ジェイソン・ボーン役はずっと僕に付いて回るだろうね。でも、彼のことはすごく気に入っているから、かまわないんだ」と、キャタクターへの愛を述べた。

 さらにマットは、ファンの熱量が本作を製作する後押しになったと語る。「結局のところ、僕たちが続編を作ることにした一番の理由は、皆が見たいと思ってくれていたからだ。空港や街の通りなど、行く先々でいつも聞かれる質問が『ボーンの続編は作る?』だったんだよ。よい作品を作ろうと全員がベストを尽くしたね!」と、ファンから続編を熱望されていたことを明かした。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/18(日) 9:55

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。