ここから本文です

小さいお財布が気分ならケイトスペードがおすすめ

集英社ハピプラニュース 9/18(日) 20:25配信

ポシェットやクラッチなど小さいバッグのときに困るのが、長財布の在処。スマホも口紅も入れたいとなると、ちょっと邪魔。お財布も小さくしたくなるんですよね。

ケイトスペードの他の財布を見る

でも、いざプチサイズの財布を探してみると、意外と物足りないものが多い。ショッピングに行くなら、カードも数枚入れたいし、お札もちゃんと待っていきたい。そう、巷にあるミニ財布だとちょっとあふれちゃうんだけど、大きすぎるのは嫌だし、もっと言えば、入れ替えなくても済むくらいの収納力がほしいんです。

そんな人にオススメなのがケイトスペードのミニ財布。もともとケイトの財布は使いやすさも評判なんです。そんなケイトだから、小さくなっても安心。デザインだってステキだから、メイン財布にも十分なんです。

個人的にときめいたのが、ウエーブデザインのもの。色使いもシックなので大人っぽく見える上、可愛さもキープ。さらに、パステルトーンでもスモーキーなシリーズも出てました。
これなら、甘すぎず渋すぎず、ちょうどいい。小さめサイズだと、ともすると生活感出まくりのオバちゃん感が拭えないこともありますが、ケイトスペードなら心配ご無用。満足感を得られること請け合いです。

最終更新:9/18(日) 20:25

集英社ハピプラニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。