ここから本文です

どんなスピーカーもBluetoothオーディオに変える「Vamp」、新基軸が登場

WIRED.jp 9月18日(日)12時30分配信

数年前、ポール・コックセッジは自宅近所のイーストロンドンを散歩していて、おかしなものを見つけた。「道端の古いスピーカーに小さいメモが貼られていました。『拾ってください、わたしはまだ動きます』って書かれていました」
英国人デザイナーのコックセッジは、高級品のイメージで知られているものの捨てられてしまったこの機器が、妙に気になった。そして、彼は自分のスタジオにスピーカーを密かに運び込んだのだ。
この変わったコレクションは彼のデザインにインスピレーションを与え、小さな7面立方体の「the Vamp」が誕生した。このキューブは、どんなスピーカーも持ち運び可能なBluetooth対応のサウンドシステムに変えてしまう。コックセッジはクラウドファンディングで製作資金を調達し、この小さな7面体はすでに1万個売れた。

【「Vamp」の動画とフォトギャラリーはこちら】

それから2年後のいま、コックセッジは、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、2つの新商品のキャンペーンを開始した。

1つ目の商品は「Vamp Stereo」。オリジナルのVampと同じくBluetoothチップ、アンプ、バッテリーを内蔵している。ただしVamp Stereoはその名のごとく、2つのスピーカーを動かすのに十分なパワーをもっていて、10時間の持ち運びが可能なサウンドシステムを提供してくれる。

2つ目の商品は「Vamp Speaker」。リサイクル素材でつくれたスピーカーで、Vamp Stereoと組み合わせると、さらに2つのスピーカーとリンクすることができ、3チャンネルのオーディオとなる。

Vampの精神は変わっていない。それは、古いものと新しいものを結びつけることにある。

人びとの多くは、スピーカーが「壊れたから」捨てるわけではない。コックセッジいわく、次第にライフスタイルに合わなくなるため、“用無し”としてしまうそうだ。

音楽の聴き方が変われば、スピーカーに何を期待するかも変わる。多くの人は持ち運び可能なことや、ワイヤレスでの再生を望んでいる。その証拠として、コックセッジは地元のリサイクル電気店を例にあげた。そこには毎月、まだ使える古いスピーカーが1万個以上入荷するそうだ。「これが米国全土となると、いったいどれくらいになるか想像してみてください。すごい数になるでしょう?」と彼は言う。

Vampのラインアップはすべて、電化製品の無駄な廃棄を防ぐべくつくられた。Vamp Stereoを使えば、人々はすでに持っているスピーカーを活用できる。Vamp Speakerは、そのスピーカーのフレームはサステイナブルな計画にもとづいた植林木からつくられているし、メカニック部分は、コーン紙にいたるまですべてのパーツがリサイクルされた素材でつくられている。

(人気のBluetoothスピーカー)「Jambox」や「UE Boom」ほど“超便利”ではない。しかし、このキューブはあなたの消費者としての良心をホっとさせてくれるし、自分のお気に入りのヴィンテージスピーカーを有効活用できるのだ。

※ Vampを生んだ英国人デザイナー、ポール・コクセッジには、雑誌『WIRED』日本版VOL.21でも取材を行っている。詳細は関連記事より。

LIZ STINSON

最終更新:9月18日(日)12時30分

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED VOL. 24』

コンデナスト・ジャパン

2016年8月9日発売

630円(税込み)