ここから本文です

マエケンの穴を外国人と若手で埋めた投手陣。カープVの要因

ベースボールチャンネル 9/18(日) 11:00配信

中日田島のPRは約15アップ

 打線に続いて、セ6球団の今年と昨年の主要投手の成績を比較して、今季の広島の優勝の要因を探っていく。
 投手成績は、登板数、先発数、勝敗、セーブ、ホールド、投球回、防御率に加えて、PR(Pitching Run)を出した。救援か先発かは登板数が多いほうでグループ分けしている。

 これは(リーグ平均防御率-個別の防御率)×投球回数÷9で算出される。リーグ平均防御率に比べてどれだけ優秀かという数値で、優秀な防御率で多く投げた投手ほど数値が高く、マイナスになることもある。投手のトップクラスで20以上、MVP級で30程度となる。
 リーグ平均防御率は2015年が3.24、2016年は9月14日時点で3.72。
先発数上位5人(=先発投手)と、登板数上位5人(=救援投手)、そしてチームトータルの数字を出した。


 13日現在で順位が下位の球団から見ていこう。中日ドラゴンズと阪神タイガース。

 中日はチームのPRが7.11から5.33となり、リーグ平均より少し上だった。昨季は大野が207.1回、山井と若松が規定投球に達しないものの140回を投げたが、それに比べて今季は吉見の124.2回が最多でPRが10を超える先発投手がいない。ローテーションが固定できなかったともいえる。救援では田島慎二が孤軍奮闘している。

今季の阪神先発陣5人全員のPRがプラス

 阪神は意外に思うかもしれないが、投手陣の数値が大きく改善している。先発投手のPRは5人ともプラスに変わった。藤浪晋太郎が大きく数字を落としている一方で、岩貞祐太、ランディ・メッセンジャーが上昇した。
 救援陣はマルコス・マテオと安藤優也がプラスだが、他の投手はマイナス。救援陣の駒数が足りず、9回までの継投を確立できなかったのが要因だ。

ヤクルト小川のPRは12からマイナス12へ

 東京ヤクルトスワローズは、優勝した昨年でもリーグ平均以下の投手陣だったが、今年は壊滅的だった。
 先発陣で唯一頼りになった小川泰弘の数字が軒並み落ちており、先発では山中浩史以外は厳しい数値が並ぶ。
 また昨年は秋吉亮、ローガン・オンドルセク、オーランド・ロマン、トニー・バーネットという盤石の「勝利の方程式」が武器だったが、バーネットがMLBに移籍、オンドルセクもシーズン途中に退団したこともあり、救援陣は一気に弱体化した。

1/2ページ

最終更新:9/18(日) 11:00

ベースボールチャンネル