ここから本文です

インターネットで最も人気な色は「青」──デザイナーが調査

WIRED.jp 9/18(日) 15:00配信

インターネットではどんな色が最もよく使われているのか? そんな疑問をもったデザイナーは、人気サイトの色を分析してインフォグラフィックにまとめた。インターネット上で最もトラフィックの多いウェブサイトは、青を多用している。黄と赤の2倍、緑の3倍近く、青が使われているのだ。

【まとめられた「色のインフォグラフィック」はこちら】

青の勢力があまりに大きいため、デザイナーのポール・ヘバートは最も人気がある10サイトの色を分析したとき、青と緑の間にターコイズというカテゴリーを設けた。

ヘバートがこのような分析を行ったのは、最も人気があるウェブサイトのカラーパレットから、何かを学びたいと思ったためだ。「色彩設計に悩むことが多いため、他社はどうしているか気になったのです」

ヘバートは、ウェブの利用状況を調査するアレクサ・インターネットのランキングをもとに、最も人気がある10サイトから色を抽出した。このランキングには、Google(1位)、Facebook(3位)、Amazon(7位)などが入っている。色の完全なリストを手に入れたヘバートは、これをいくつかの方法で視覚化した。

1つ目は、企業のホームページまたはスタイルシートに存在するすべての色をブロック状に表示したグラフ。2つ目は、カラーコードの形式ごとの棒グラフだ。3つ目は下の棒グラフで、色相ごとに分けられている。

『WIRED』US版のお気に入りは、冒頭の円グラフだ(関連記事リンクより)。中心からの距離が、色の彩度を表している。点ごとに大きさが異なるが、その点が大きいほど、上位10個のサイトで多用されていることを示す。

グラフの下には、背景を白から黒へと変えられるスライドバーも付いている(ヘバートのウェブサイトを参照・関連記事よりリンクあり)。背景が明るいと、白っぽい色は目立たないことがよくわかる。

これらのグラフをじっくり観察すると、興味深い事実がいくつも見えてくる。例えば、フェイスブックは青を多用することでよく知られるが、実はそれ以外にも驚くほど多くの色を使用している。グーグルやウィキペディア、百度(バイドゥ)に比べると、フェイスブックが使う色の種類は3倍近くに達するのだ。一方、アマゾンは青をほとんど使用せず、代わりにさまざまな暖色をちりばめている。ヤフーのカラーパレットはまるで万華鏡だ。

ヘバートは今後、分析の対象を100社、さらには1,000社へと広げていきたいと考えている。国別のリストも作成中だ。「色の好みは人類共通か、それとも文化や時代によって異なるのだろうか?」。ヘバートはそうした大きな疑問への答えを探ろうとしている。

MARGARET RHODES

最終更新:9/18(日) 15:00

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。