ここから本文です

付き合いの長い友だちのダメなところが気になりだしたら、どうすればいい? [mi-mollet]

講談社 JOSEISHI.NET 9月18日(日)18時0分配信

chan-yuさんからの質問

Q. 気の合う友達でも、長く付き合えば粗が見えてくるもの。克服するには?

もう10年以上の付き合いの、とても仲のいい同級生がいます。よく一緒にご飯に行ったり、旅行をしたことも何度も。ですが年月を重ねるにつれて、彼女の粗のほうが気になるように。。。一番は、何の努力もしていないのに太っていることへのコンプレックスを口にしたり、私に対して「太らない体質でいいよね」と言ったり。でも私から言わせると、脂っこいものばかり食べているし、お酒もガバガバ飲むし、太るのもしょうがない。対して私は栄養バランスに気を付けたりと、けっこう努力しています。でもそんなことを指摘したら、絶対角が立ちますよね。他にも私がブランドものを買ったとき、彼女はまったく貯金もせず使いたい放題のくせに、「お金持ちはいいよね」と言ってきたり。私は浪費せずにコツコツ貯めているのに……。このままだと彼女をどんどん嫌いになりそうです。でも「こんなに話が合う人はいない」というぐらい合う子なので、うまく付き合っていきたいのです。(34歳)

特別ゲスト 小林照子先生の回答

A. 女の人は仲良くなるとつい台所まで上がり込みがち。 でもお互いに玄関で止まる関係作りを。

まさに、愛憎の関係ね。お友達は、教師と反面教師が一緒になっているような存在ですね。

まずはこう考えて。お友達の嫌な面というのは、自分に何かを気づかせてくれる面でもあります。たとえば食事の仕方やお金の使い方がそう。「ああはなりたくないわ」と、chan-yuさんを育ててくれているところもあると思います。

一方でとても話が合って、深く理解もし合えている。お互いにそうだからこそ、つい憎しみの言葉も伝えてしまうのよね。これが夫婦ならいいけど、友達という、家族とは違う関係だから難しいのですよね。そんなときは、このベタベタを少し減らしましょう。

女性ってね、年齢とともに友達が少なくなっていくんですって。そんなデータを以前に読んだことがあります。だからこのお友達とベタベタが続かないのは、当然。むしろ無理に続けようとするほうが、違うと思います。

なぜ女性は友達が少なくなっていくのかというと、私が思うには、女の人って仲良くなると相手の台所にまで勝手に上がり込むようなところがあるからじゃないでしょうか。でもこれをされても平気でいられるのは、親きょうだいまで。だから賢い人は、玄関で止まってその先には踏み込んでこないのですよ。

Chan-yuさんも34歳。もう大人ですから、そういう賢い関係を作らないと。台所まで踏み込ませてしまって、嫉妬とか憎しみを起こさせてしまうのは、スマートじゃないわ。

相手を玄関で止め、自分も玄関で止まる。そういう関係こそが長続きするもの。その秘訣は、一人だけじゃなく、複数のいろんなタイプの友達を作ることよ。たとえば仕事で理解し合える友達とか、趣味を語り合える友達とか、ちょっと女としてシャキッとさせてくれる男友達とか。そんなふうに、これからは“友情の分散”を心がけて。それが長く人間関係を続けていく秘訣だと思いますよ。

いかがですか?
小林照子先生の回答、ぜひご参考になさってください。

PROFILE
小林照子(こばやしてるこ)
1935年生まれ。美容研究家。現在のコーセーを経て、1991年に「美・ファイン研究所」を設立。モデルや女優、政治家など何万人ものイメージ作りを手がけるほか、青山ビューティ学院高等部・中等部、同・京都校の学園長も務めている。最新著書『80歳のケセラセラ。いくつになっても「転がる石」で』(講談社)が好評発売中。プライベートでは27歳で結婚。娘の小林ひろ美さんは同じく美容家として活躍中。

最終更新:9月18日(日)18時0分

講談社 JOSEISHI.NET