ここから本文です

清武、先発出場で1A決めるも引き分け。スペイン史上初日本人対決は次回に延期へ

フットボールチャンネル 9/18(日) 2:42配信

【エイバル 1-1 セビージャ リーガエスパニョーラ第4節】

 スペイン・リーガエスパニョーラ第4節が現地時間17日に行なわれ、日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャはアウェイで日本代表MF乾貴士が所属するエイバルと対戦。チームは清武が1アシストを決めるも1-1で引き分けた。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 スペインの地で史上初の日本人対決が実現する可能性があるとして注目を浴びたこの試合だったが、乾が欠場したため結局実現はしなかった。

 日本代表での疲労が考慮されて前節を欠場し、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグのユベントス戦でも出番がなかった清武は、3-5-2の右インサイドハーフとして開幕戦以来初の先発出場を果たす。

 前半の序盤は、果敢に攻めるホーム側のエイバルペースで試合が進む。セビージャのミスにより何度かチャンスが訪れたが、決定機を外してセビージャの守備を崩すまでには至らなかった。

 すると27分、自陣でボールを受け取った清武がそのままドリブルでバイタルエリアまで上がると、最終ラインの裏にスルーパスを通す。そこに抜けだしたルシアーノ・ビエットがゴール左に流し込み先制点を挙げた。

 さらに前半終了間際には、相手GKに退場処分が下される。ホアキン・コレアが左サイドに抜け出すとエイバルのGKジョエルがエリアの外でコレアを倒し、一発退場となった。

 すると、数的不利な状況にあるエイバルが反撃をみせる。64分、左サイドからのグラウンダーのクロスをエリアで受けたペドロ・レオンが落ち着いてゴール左に流し込み同点に追いついた。

 引き分けに追いついたことで再び勇気を取り戻したエイバルは、1人少ない状況でもセビージャと接戦を繰り広げる。終了間際にエイバルはさらに退場者を出して9名になるも、結局これ以上試合は動かず試合終了。

 今季未だに黒星のないセビージャは、清武が1アシストを決める活躍をしたもののエイバルと引き分けに終わっている。

【得点者】
27分 0-1 L・ビエット(セビージャ)
64分 1-1 P・レオン(エイバル)

フットボールチャンネル

最終更新:9/19(月) 4:35

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。