ここから本文です

「あきらめない男」が殴り勝って3階級制覇。その名は、長谷川穂積

webスポルティーバ 9月18日(日)19時50分配信

 長谷川穂積は、死に場所を探し彷徨(さまよ)っているように見えた。

 2011年4月、WBC世界フェザー級王座から陥落。2014年4月、IBF世界スーパーバンタム級のベルトに挑み、壮絶なTKO負け。翌年1月に現役続行を宣言し、同年5月に再起戦で判定勝ちするも、そこに往年の輝きはなかった。

 その試合、たしかに右足首じん帯断裂の影響や左ひじに痛みを抱え、満身創痍ではあった。それでも、全盛期の面影すらない姿に、ボクシングを“続けたい“のではなく、“辞められない“のではないか、そう思えてならなかった。ここではないどこか、自身の死に場所を求めて――。

 復帰2戦目となった2015年12月、WBO世界スーパーフェザー級5位のカルロス・ルイス(メキシコ)とのスーパーフェザー級10回戦。取材ノートに、この試合の走り書きが残っている。

「5R 被弾 セコンド タオル」

 長谷川は、3Rにもダウンを喫していた。5Rのダウンでセコンドは、タオルを投げ込もうとする。それを別のセコンドが必死に止めた。その後、立ち上がった長谷川に対し、セコンドからは何度も、「楽しんで!」との声が飛ぶ。それは言外に、「この試合が最後なのだから」という意味合いを含んでいるように思えた。試合中、長谷川がクリンチするたびに巻き起こる拍手は、観客からの「今日までよくがんばった」という労(ねぎら)いのようですらあった。

 この試合、長谷川の判定勝ち。勝利者インタビューで、「素晴らしい勝利でした! 次につながりますね!」とハイテンションのリングアナ。淡々と、「劣化したんじゃないですか」と自嘲気味に語る長谷川。両者の温度差に、どこまでも噛み合わないインタビューが続いた。

 肩を落とし、リングを降りる長谷川。いったい勝者は誰なのか? この試合が、現役最後の試合になるかもしれないと思えてならなかった。

 だが、長谷川はふたたびリングに立った。

 今年7月、WBC世界スーパーバンタム級王者のウーゴ・ルイス(メキシコ)への挑戦が決定。長谷川は、「ラストチャレンジだと思っている。悔いのない試合、最後、笑って終われるようなボクシングをしたい」と会見で語る。そして、キャリアで初めて公言した。

「負けたら引退」

 チャンピオンベルトをかけた、この試合こそが、かつて10度の防衛に成功した英雄の死に場所にふさわしく思えた。

 それを多くのファンも察知したのか、チケットは即刻完売。プログラム的には山中慎介の防衛戦がメインイベントだが、心のなかでは長谷川のラストダンスをメインに据え、会場を訪れたファンも多かったはず。

 9月16日、エディオンアリーナ大阪。詰めかけた観客は、満員の6500人。大歓声に包まれ、ラストダンスのゴングは鳴った。

1/3ページ

最終更新:9月18日(日)19時50分

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月22日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 異次元のシーズン』
■羽生結弦 インタビュー、厳選フォト
■浅田真央 復帰シーズンを振り返る

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]