ここから本文です

意外と少ない!?「ポケモンGO」の課金ユーザーは2割以下

@DIME 9/18(日) 19:10配信

MMD研究所は、インターネット調査にて15歳~69歳の男女2190人を対象に「2016年8月ポケモンGOの利用実態調査」を実施した。

■ポケモンGOのプレイ経験は37.7%、現在プレイしている人は24.2%

15歳から69歳の男女2190人を対象に、ポケモンGOプレイ経験を聞いたところ、現在プレイしている人が24.2%、過去プレイしたことがある人が13.5%を合わせ、37.7%がポケモンGOをプレイした経験があると回答した。プレイ経験を年代別に見てみると、15歳から19歳のプレイ経験が最も高く59.8%、次いで20代のプレイ経験49.1%で高かった。現在プレイしている人に限定すると、15歳から19歳のプレイ率よりも、20代のプレイ率の方が高かった。

■ポケモンGOのプレイ期間は、「リリースから5週間程度」が最も高く21.9%

ポケモンGOのプレイ経験者を対象に、ポケモンGOのプレイ期間を聞いたところ、調査時点でプレイ期間としては最長の「~5週間程度」が最も高く21.9%だった。これをプレイ状況別にみると、現在プレイしている人のプレイ期間は「~5週間程度」が最も高い31.3%だった。一方で、過去プレイしたことがある人のプレイ期間は、「~3日程度」が最も高く39.0%だった。

■ポケモンGOの評価、平均点は10点満点中5.6点

ポケモンGOのプレイ経験者を対象に、ポケモンGOで遊んでみての評価を10点満点で聞いたところ、最も多かったのは「5点」、次いで「7点」「8点」「6点」と続いた。10点満点中の平均点は5.6点だった。

■ポケモンGOの課金率は、16.6%
ポケモンGOのプレイ経験者を対象に、お金を支払ってアイテムなどを購入したかを聞いたところ、16.6%がアイテム購入したことがあると回答した。

■ポケモンGOを止めた理由は、「バッテリーがなくなる、自宅ですることがない、同じことの繰り返し」が上位

ポケモンGOを過去プレイしていた人を対象に、ポケモンGOを辞めた理由を複数回答で聞いたところ、「バッテリーがなくなる」が42.0%で最も高く、次いで「自宅でできることがあまりない」が38.3%、「同じことの繰り返し」が37.6%で上位だった。

【調査概要】
調査期間:2016年8月19日~8月26日
有効回答:2190人
調査方法:インターネット調査
調査対象:15歳から69歳の男女

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:9/18(日) 19:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き