ここから本文です

香川、チーム大量得点にもゴールに絡めず「決めたかった」「結果はついてくると思う」

フットボールチャンネル 9/18(日) 9:13配信

【ドルトムント 6-0 ダルムシュタット ブンデスリーガ第3節】

 現地時間17日にブンデスリーガ第3節が行われ、ドルトムントはダルムシュタットと対戦。ゴンサロ・カストロなどがゴールを積み重ね、ドルトムントは6-0の勝利をおさめている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 この試合で日本代表MF香川真司は63分から途中出場。公式戦3試合ぶりの出場を果たした。チームが大量得点で勝利を収めたものの、自身はゴールに絡むことができず「自分も(点を)取れたんでね、少しそこは残念ですけど」と悔しさを滲ませた。

「相手も10人になったんで、みんなゴールを取りに来ていたし、相手もついてこれていなかった。とりあえず、クロスをあげたら入るイメージがあったんで、あとはそれを誰が決めるかという感じでした。そういう意味では、みんなチャンスが平等にあったので、決めたかったですけど」

 大きなチャンスとなったMFクリスティアン・プリシッチのシュートのこぼれ球も香川は決めきることができなかった。「いやぁ、決めたかったですね。あぁいうところですね。まぁ、しょうがない」と本人も反省していた。

 それでも香川は「もちろん、毎試合(結果を出さないといけないという)気持ちは常にあるけど、本当にシーズンは長いから。まだ始まって3試合ですし、チャンピオンズリーグも1試合こなしただけで、焦りとかはないあです。しっかりとやっていけば必然的に結果はついてくると思う」と前向きな姿勢を貫いた。

 ドルトムントの次戦はブンデスリーガ第4節のヴォルフスブルク戦だ。日本時間の21日3:00にアウェイ・フォルクスワーゲン・アレーナに乗り込む。

(取材:本田千尋【ドルトムント】)

フットボールチャンネル

最終更新:9/18(日) 10:51

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。