ここから本文です

香川、チーム大量得点にもゴールに絡めず「決めたかった」「結果はついてくると思う」

フットボールチャンネル 9月18日(日)9時13分配信

【ドルトムント 6-0 ダルムシュタット ブンデスリーガ第3節】

 現地時間17日にブンデスリーガ第3節が行われ、ドルトムントはダルムシュタットと対戦。ゴンサロ・カストロなどがゴールを積み重ね、ドルトムントは6-0の勝利をおさめている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 この試合で日本代表MF香川真司は63分から途中出場。公式戦3試合ぶりの出場を果たした。チームが大量得点で勝利を収めたものの、自身はゴールに絡むことができず「自分も(点を)取れたんでね、少しそこは残念ですけど」と悔しさを滲ませた。

「相手も10人になったんで、みんなゴールを取りに来ていたし、相手もついてこれていなかった。とりあえず、クロスをあげたら入るイメージがあったんで、あとはそれを誰が決めるかという感じでした。そういう意味では、みんなチャンスが平等にあったので、決めたかったですけど」

 大きなチャンスとなったMFクリスティアン・プリシッチのシュートのこぼれ球も香川は決めきることができなかった。「いやぁ、決めたかったですね。あぁいうところですね。まぁ、しょうがない」と本人も反省していた。

 それでも香川は「もちろん、毎試合(結果を出さないといけないという)気持ちは常にあるけど、本当にシーズンは長いから。まだ始まって3試合ですし、チャンピオンズリーグも1試合こなしただけで、焦りとかはないあです。しっかりとやっていけば必然的に結果はついてくると思う」と前向きな姿勢を貫いた。

 ドルトムントの次戦はブンデスリーガ第4節のヴォルフスブルク戦だ。日本時間の21日3:00にアウェイ・フォルクスワーゲン・アレーナに乗り込む。

(取材:本田千尋【ドルトムント】)

フットボールチャンネル

最終更新:9月18日(日)10時51分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!