ここから本文です

ジダン、C・ロナウドとベイルの欠場を明言「重要な選手に無理はさせられない」

フットボールチャンネル 9/18(日) 10:30配信

 レアル・マドリーは、FWクリスティアーノ・ロナウドとガレス・ベイルを欠いて現地時間18日に行われるリーガエスパニョーラ第4節エスパニョール戦に臨むことになった。17日付けのスペイン紙『アス』などが伝えている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 ベイルは先週ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグのスポルティングCP戦で臀部を負傷。C・ロナウドもコンディションが思わしくなく、両者ともに出場が危ぶまれていたが、ジネディーヌ・ジダン監督が試合前日の会見で欠場を明言した。

「クリスティアーノはチームに帯同しない。喉に問題を抱えており、マドリッドに残る。チームと一緒に過ごす準備はできておらず、無理をさせるつもりはない」とジダン監督はC・ロナウドの状態について話している。

 ベイルに関しては、「臀部に強い打撲を負った」と述べ、やはりリスクを冒したくはないとコメント。「選手たちはみんなプレーしたいと望んでいるが、試合はたくさんある。3日に一度戦わなければならないので、これほど重要な選手に無理をさせるわけにはいかない」と続けた。

 スポルティングCP戦では今季初めてベイル、カリム・ベンゼマ、C・ロナウドの“BBC“3人が同時にピッチに立ったマドリーだが、再び“B“と“C“の2人を欠くことになってしまった。C・ロナウドとベイルは、ミッドウィークに行われる次節ビジャレアル戦での復帰を目指す。

フットボールチャンネル

最終更新:9/18(日) 10:35

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。