ここから本文です

レアル“10番”ハメスに今夏届いた98億円オファー! 獲得に動いたのはイタリア名門の…

Football ZONE web 9月18日(日)17時1分配信

チャイナマネーを得たインテルが打診していたと、米誌報じる

 レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、今夏の移籍市場で様々なクラブへの移籍が噂されたが、日本代表DF長友佑都が所属するインテルが8500万ユーロ(約98億円)ものメガオファーを提示していたと、米誌「スポーツ・イラストレイテッド」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ハメスは昨季、警察とのド派手なカーチェイスや夜遊び報道などでマドリディスタからの信頼を失い、1月に就任したジネディーヌ・ジダン監督も中盤インサイドハーフのファーストチョイスをドイツ代表MFトニ・クロース、クロアチア代表MFルカ・モドリッチに据えた。そのため大事な試合ではベンチに座る機会が増え、移籍のビッグネームとして見られていた。

 その移籍先にはマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、パリ・サンジェルマンと資金力に優れる各国メガクラブの名が挙がったが、実際にオファーを提示したのはインテルだったという。インテルは6月に中国の蘇寧グループが経営権を獲得し、一気に補強を推し進めるのではないかとも言われていた。そのなかで目玉補強として照準を合わせていたのがハメスで、移籍金額は約98億円にも及んでいたという。

 もしこのビッグディールが成立していたら、2014年ブラジル・ワールドカップでコロンビアと対戦した日本の長友と共闘していたことになる。しかし、ハメス自身はインテルへの移籍を望まず、結局レアル残留を選んだ。

ベンチ要員もCLで終了間際に劇的アシスト

 今季もハメスは、ベンチで出場機会を待つ日々が続いている。しかし現地時間14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のスポルティング・リスボン戦では、後半32分からピッチに立つと、後半終了間際にFWアルバロ・モラタの決勝点を導き出す絶妙のクロスを供給し、短い出場時間のなかで自らの実力をアピールしている。

 コロンビア代表でも得点に絡むプレーを見せ続けているだけに、先発出場のチャンスさえつかめれば、ハメスは現状の序列を覆すようなスーパープレーを繰り出すのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月18日(日)17時1分

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]