ここから本文です

J1自動昇格を巡る争いが白熱! 2位松本が痛恨ドロー、4チームが勝ち点4差にひしめく大混戦に

Football ZONE web 9月18日(日)21時0分配信

群馬に先手を奪われた松本、敵地で1-1のドローに終わる

 1年でのJ1復帰を狙う松本山雅FCは18日、J2第32節のザスパクサツ群馬戦に挑み、敵地でのゲームを1-1のドローで終えた。これで勝ち点を61とした松本は2位をキープしたものの、同日のゲームでギラヴァンツ北九州を1-0で破った3位セレッソ大阪との勝ち点差は1に縮まった。

2016・J1リーグ「最新推定市場価格ランキングTOP 100」

 堅守を武器に前節まで7戦無敗(3勝4分)を続けていた松本だったが、群馬戦は先手を奪われる苦しい展開となった。前半14分に右サイドを群馬MF瀬川祐輔にドリブルで持ち込まれ、そのまま強烈な左足のシュートを叩き込まれて先制を許してしまう。

 その後、リズムをつかみ得意のセットプレーで相手ゴールに何度か迫った松本だったが、群馬の粘り強い守備の前に前半はゴールを奪えず。ようやくスコアを動かしたのは後半14分、相手のクリアが中途半端になったところをMFパウリーニョが拾い、そのまま切り返して左足を一閃。強烈な無回転ミドルが相手GKを強襲してゴールに吸い込まれ、ゲームを振り出しに戻した。

 後半途中の時点で相手の倍以上のシュートを放ち、勝ち越しを狙って圧力をかけていた松本だったが、選手交代でテコ入れを図った群馬を崩しきれない。終盤にはDF飯田真輝を上げてパワープレーを仕掛けるも決めきれず、試合はそのまま1-1のドローで終えた。

 今節で2位松本が群馬に引き分け、勝ち点61止まりになったことで、J1自動昇格となる2位の座を巡る争いは混迷の度合いを深めている。3位C大阪が3連勝で勝ち点を60に、清水エスパルスも3連勝で勝ち点を57に伸ばして4位に浮上。同勝ち点の5位ファジアーノ岡山まで4チームが勝ち点4差にひしめく。ラスト10試合、熾烈な昇格争いが繰り広げられそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月18日(日)21時43分

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]