ここから本文です

ペップ、宿敵マンUは眼中に無し?「ボーンマスは今季最高の相手だった」

フットボールチャンネル 9/18(日) 14:30配信

 間接的に、宿敵マンチェスター・ユナイテッドを皮肉っているのだろうか。マンチェスター・シティのジョゼップ・“ペップ“・グアルディオラ監督は、現地時間17日の試合で対戦したボーンマスが「今季最高の相手だった」と話している。17日付の英紙『ミラー』などが伝えた。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 開幕4連勝と最高のスタートを切っていたシティの勢いは、今週末も止まらなかった。ボーンマスをホームに迎えた試合では、MFケビン・デ・ブルイネの先制点を皮切りに4ゴールを奪って快勝し、開幕からの連勝を5試合に伸ばしている。

 だがグアルディオラ監督にとっては、スコアが示すほど楽な相手だったとは感じられなかったようだ。「ボーンマスは今シーズン戦った中で最高のチームだった。彼らがボールを持つと問題を生み出してきた」と称賛している。

「他のチームはロングボールを使うばかりだったが、彼らはプレーすることを望んでいた。今日は我々のハイプレスが完璧には機能せず、ボーンマスのビルドアップを抑えきれなかったが、カウンターを何度も繰り出すことができた」とペップは続けた。

 ペップの言う「他のチーム」には、前節のダービーマッチで対戦し、シティが2-1の勝利を収めたユナイテッドも含まれているはずだ。ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、この発言に対して黙っていることができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9/18(日) 14:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。