ここから本文です

ペップ、宿敵マンUは眼中に無し?「ボーンマスは今季最高の相手だった」

フットボールチャンネル 9月18日(日)14時30分配信

 間接的に、宿敵マンチェスター・ユナイテッドを皮肉っているのだろうか。マンチェスター・シティのジョゼップ・“ペップ“・グアルディオラ監督は、現地時間17日の試合で対戦したボーンマスが「今季最高の相手だった」と話している。17日付の英紙『ミラー』などが伝えた。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 開幕4連勝と最高のスタートを切っていたシティの勢いは、今週末も止まらなかった。ボーンマスをホームに迎えた試合では、MFケビン・デ・ブルイネの先制点を皮切りに4ゴールを奪って快勝し、開幕からの連勝を5試合に伸ばしている。

 だがグアルディオラ監督にとっては、スコアが示すほど楽な相手だったとは感じられなかったようだ。「ボーンマスは今シーズン戦った中で最高のチームだった。彼らがボールを持つと問題を生み出してきた」と称賛している。

「他のチームはロングボールを使うばかりだったが、彼らはプレーすることを望んでいた。今日は我々のハイプレスが完璧には機能せず、ボーンマスのビルドアップを抑えきれなかったが、カウンターを何度も繰り出すことができた」とペップは続けた。

 ペップの言う「他のチーム」には、前節のダービーマッチで対戦し、シティが2-1の勝利を収めたユナイテッドも含まれているはずだ。ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、この発言に対して黙っていることができるだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:9月18日(日)14時30分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]