ここから本文です

マンUがワトフォードに30年ぶり敗戦の大失態! 敵地で3点を奪われ、泥沼の公式戦3連敗

Football ZONE web 9月18日(日)22時22分配信

ラッシュフォードの得点で一時同点に追いつくも、終盤に崩れる

 ジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッドは、18日に敵地でワトフォードと対戦。1-3で敗れ、10日のマンチェスター・シティとのダービーマッチでの敗戦から、公式戦3連敗となった。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 前節に宿敵シティに敗れて今季初黒星を喫したユナイテッドは、ミッドウィークに行われたUEFAヨーロッパリーグのフェイエノールト戦にも敗れるなど、シーズン序盤から勝ち星を落とす不安定な戦いぶりを披露している。

 この試合では18歳のFWラッシュフォードと20歳のFWマルシアルという若手を両サイドに抜擢。主将FWルーニーやFWイブラヒモビッチ、MFポグバら豪華なメンバーが顔を揃えた。

 しかし、前半34分に右サイドのDFヤンマートの折り返しからMFカプーが決めてワトフォードが先制した。トットナムから加入のカプーは今季5試合目で4得点目。昨季シーズン無得点だった守備的MFが、今季は得点源として覚醒している。ユナイテッドはマルシアルが前半途中に負傷交代するアクシデントも発生し、苦しい展開となった。

 1点ビハインドで前半を折り返したユナイテッドは、後半17分に右サイドバックのDFバレンシアを下げてMFマタを投入し、攻撃を活性化させる。すると直後の攻撃でイブラヒモビッチがラッシュフォードとのワンツーでエリア内に侵入。左から浮き球のクロスを送ると、DFがクリアしきれずにこぼれたボールをラッシュフォードが押し込み同点とした。

リーグ開幕3連勝の後に訪れた悪夢

 後半は主導権を握り、多くのチャンスを作ったユナイテッドだが、わずかな気の緩みから失点を許してしまう。後半38分、ワトフォードMFペレイラのラストパスから、オーバーラップしてきたDFスニガが右足の強烈なシュートをゴール左に突き刺して、ワトフォードが勝ち越しに成功した。後半アディショナルタイムには、フェライニがスニガを倒してPKを献上。FWディーニーが確実に決めてリードを2点に広げた。

 格下にまさかの不覚をとったユナイテッドは、リーグ開幕3連勝の後にまさかの公式戦3連敗。「スカイスポーツ・スタット」によれば、ユナイテッドがリーグ戦でワトフォードに敗れたのは、1986年以来30年ぶりのことだという。昨季チェルシーで不振にあえいだモウリーニョ監督は、“赤い悪魔”でも苦しい戦いを強いられている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月18日(日)22時22分

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]