ここから本文です

2ゴールで勢いに乗るトーレス 「今がバルサと対戦する良い時」と王者撃破に自信

Football ZONE web 9/18(日) 23:10配信

スポルティング・ヒホン戦に途中出場し、鮮やかに2得点

 アトレチコ・マドリードの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節のスポルティング・ヒホン戦で後半に2得点を挙げ、5-0の大勝に貢献した。次節(21日)敵地でのバルセロナ戦に向けて弾みをつける勝利で、アトレチコのアイドルは「今がバルセロナと対戦する良い時」と自信を深めている。スペイン紙「AS」が報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 トーレスは3-0と大量リードの後半28分、観客の大歓声を浴びながらフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに代わってピッチに立った。すると、出場からわずか2分後にMFアンヘル・コレアの折り返しからネットを揺らして今季初ゴールをゲット。さらにアディショナルタイムには、ダメ押しのPKも決めた。5-0で勝利したアトレチコは、2勝2分で無敗をキープしている。

 快勝したアトレチコだが、次節は早くも昨季二冠王者との大一番を迎える。これまで抜群の相性の良さを見せてきた“バルサキラー”のトーレスは、王者撃破に自信を見せている。

「今がバルセロナと対戦するのに良い時だ。彼らはここ数年戦ったなかでも、最も厳しい相手だ。カンプノウへ乗り込むのに理想的な時期というのはないが、今はこれまでにないくらいいい時期だ。僕らは自信に満ちている」

公式戦4試合無失点と好調のアトレチコ

「エル・ニーニョ(神の子)」の愛称を持つストライカーは、カンプノウでの一戦を「今季最も厳しい試合」と位置づけているが、公式戦4試合連続の無失点で連勝街道を突き進むチームに死角はないと意気込んでいる。

 サポーターもクラブのアイドルが、再びバルサ戦で輝く姿を期待していることは間違いない。昨季はいずれも敗れたとはいえ、リーガ第3節(ホーム/1-2)とUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦(アウェー/1-2)でバルセロナ相手にゴールを決めている。抜群の相性の良さを生かし、今季こそ勝利に導く活躍を披露したいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/18(日) 23:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。