ここから本文です

スポティファイ「800万人のアップル顧客を奪取」という衝撃データ

Forbes JAPAN 9/18(日) 12:00配信

アップルミュージックはアップルの未来にどんな影響をもたらすのか。これについてアップルペイの利用動向を分析するPayFinders創設者のBrian Roemmeleに聞いてみた。以下がその回答だ。



アップルのティム・クックCEOは今年7月、「来年の今ごろには、アップルミュージックやアプリストア、iCloudを含むアップルのサービスの経済規模は『フォーチュン100』企業全体に匹敵するものになるだろう」と語った。

アップルは2016年7月26日、第3四半期(4-6月)のサービスの売上が59億7,600万ドル(約6,125億円)だったと発表した。前期の59億9,100万ドルと比べてわずかに減少したが、前年同期比では19%の増加だ。ビルボードは4月、アップルミュージックとiTunesの第2四半期の売上の合計を、同社のサービス部門の約13%にあたる8億ドル(約820億円)だと推測している。

8億ドルという金額は、アップルが世界の音楽ダウンロード売上の70%を占め、アップルミュージック会員の4分の1がファミリープランを利用しているとの前提で、算出された数字だ。ビルボードはアップルの会員数を当時1,500万人強と見積もり、今後1年で2倍に増えると予測した。

音楽ファンの間では現在、楽曲を個別に購入するのではなく、サブスクリプション形式で聴くスタイルが人気を集めている。アップルが以前のダウンロードスタイルに固執していたとしたら、競合サービスにユーザーを奪われ、音楽の分野でシェアを落としていたはずだ。

スポティファイの台頭がアップルを変えた

実際、アップルは2011年から2015年にかけて、スポティファイに800万人のユーザーを奪われた。これらのユーザーはiTunesからのダウンロードを大幅に減らしたというデータもある。スポティファイの台頭に直面したアップルは、この分野に参入せざるを得ない事情があった。

ストリーミングサービスではダウンロード販売よりも売上が低くなる。だが、スポティファイにユーザーを根こそぎ奪われてしまうよりはましだ。また、売上だけでなく、アップルがiTunesで築き上げたコンテンツビジネスの覇権にダメージを与えることは避けたい。

アップルのストリーミングビジネスへの参入は、大きな決断だったと言える。もしもアップルがアップルミュージックを開始していなかったとしたら、私たちは今頃、次のような質問をしていただろう。「アップルはなぜトレンドを予見できずに、ダウンロードに固執してしまったのだろうか?」

Quora .

最終更新:9/18(日) 12:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

なぜ今? 首相主導の働き方改革