ここから本文です

【J1採点&寸評】名古屋×G大阪|MOMは豪快な一発を決めたあの男。名古屋はふたつのミスが重なり…

SOCCER DIGEST Web 9/18(日) 7:00配信

名古屋――安田、イ・スンヒが失点に直結するミスを犯す。

[J1第2ステージ12節]名古屋1-3G大阪/9月17日/豊田ス
 
【チーム採点・寸評】
名古屋 5.5
前節で勝利を挙げた勢いそのままに、良い形で試合に入る。27分にはミスから先制されたが、41分には永井のゴールで同点に追いついた。しかし、再びミスから失点すると、終盤のパワープレーは機能せず1-3で敗れた。

【名古屋|採点・寸評】
GK
1 楢崎正剛 5.5
ハイボールの処理は安定しており、パス回しにも積極的に参加した。3失点ともにセーブするのは難しかった。
 
DF 
6 古林将太 5.5
B・ジュロヴスキー体制で初めて右SBとして先発。良い攻撃参加はあったが、やや戸惑いがあったのか、監督から激が飛ぶシーンも。得点シーンではシモビッチにボールを供給。ただ、その後はクロスの質がイマイチだった。

2 竹内 彬 5.5
闘莉王とともに最終ラインを牽引。読みの鋭さを生かして相手のドリブル突破を潰した。1失点目の場面は味方のミスもあり、カバーが間に合わず。終盤は相手のカウンターに対応しきれなかった。

4 田中マルクス闘莉王 6
単純なパスミスはあったものの、気迫のこもったディフェンスでチームメイトを奮い立たせた。加えて高いフィード能力も披露。ただ、終盤は前線に上がるも仕事はできなかった。

33 安田理大 5
ここ数試合と打って変わって好クロスを供給。しかし、ゴール近くでボールを奪われ、失点の原因となった。
 
MF
10 小川佳純 5.5(82分OUT)
田口、イ・スンヒからボールを引き出し、攻守の橋渡し役となった。果敢にミドルを狙うなど積極性も光った。しかし精度不足の面も。
 
15 イ・スンヒ 5
猟犬のように相手へ食らいつきプレッシャーを与えた。が、問題はビルドアップのアイデア不足。65分には自陣で相手を抜きに行ったところでボールをロストし、勝ち越し弾を許した。
 
7 田口泰士 6
球際で身体を張り、周囲を鼓舞する姿は相変わらず頼もしい。スライディングで相手からボールを奪うプレーは何度も見られた。

1/3ページ

最終更新:9/18(日) 7:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。