ここから本文です

【J1採点&寸評】甲府×仙台|MOMは仙台の19歳FW。初先発のアウェー戦でJ1初得点となる同点弾!

SOCCER DIGEST Web 9/18(日) 7:00配信

甲府――押し込まれる展開が続くも、しぶとく勝点1を積み重ねる。

[J1・第2ステージ12節]甲府1-1仙台/9月17日/中銀スタ
 
【チーム採点・寸評】
甲府 5.5
先制しながら、前半のうちに追いつかれるのは、前節と同じ。だが、後半は守備を修正。押し込まれる展開が続いたなか、勝点1を積み重ねた。

【甲府|採点・寸評】
GK
1 河田晃兵 6
前半に1失点したとはいえ、防いだ失点はそれ以上にあった。全体的に安定感もあり、勝点奪取に大きく貢献。
 
DF
41 土屋征夫 5.5
開始直後は「久しぶりで地に足の着かない」(本人)プレーもあったが、23歳年下の西村、茂木とマッチアップしながら、Jリーグ通算500試合出場を達成。
 
4 山本英臣 6
GKの手の届かない左隅へ正確なPK。43分には最後まで足を止めずにゴールライン上でクリア。失点場面にも絡んだが、それを補って充分な活躍。
 
5 新里 亮 5.5
ゴール前でハモン・ロペスにかわされたシーンは、山本のクリアで命拾い。後半はしっかりと身体を張りながら、ハモン・ロペスを徹底監視した。
 
MF
14 田中佑昌 5.5
スタートは右ウイングバック。盛田が退いてからは左シャドーでプレー。守備に追われる前者より、後者のほうが相手に脅威を与えていた。
 
6 マルキーニョス・パラナ 5.5
いつも以上にボールを奪ったら、まず前を選択することが多く。76分の稲垣への横パスを選んだ場面は、自分でシュートしても良かったのでは。
 
30 保坂一成 6(90分 OUT)
トップのプレスが利かない分、2列目から味方を追い越して相手を牽制する場面が多くなった。34分に見せた「いつの間にか」の前線への飛び出しは、この選手の真骨頂。
 
28 橋爪勇樹 5.5
前半は最終ラインに吸収されてのプレーが続いた。後半に入り、何度か攻め上がりを見せたが、81分のヘディングシュートはGK正面を突いた。
 

甲府――前線は盛田が身体を張って奮闘するもチャンスにつながらず。

FW
23 稲垣 祥 5.5
押し込まれる展開のなか、ボランチより下がった位置でプレーする時間が長くなるなか、うまくワンチャンスで抜け出しPKを奪取。
 
19 盛田剛平 5 (67分 OUT)
今年リーグ戦初先発。ゲーム勘、ゲーム体力の部分で本調子ではなかったが、再三身体を張って仙台のファウルを誘い、セットプレーを獲得した。
 
9 ダヴィ 4.5(88分 OUT)
ボールロストをくり返し、終始押し込まれる要因をつくる。先発起用は10月の中断明け、リーグ戦残り3試合に向けた先行投資の意味合いが強いか。
 
交代出場
DF
17 津田琢磨 6(67分 IN)
右ウイングバックでプレー。「ディフェンスラインも疲れがあったんで、シャドーの稲垣を声で先に動かしてから、自分がズレていく」プレーで、しっかり守る。
 
FW
26 熊谷 駿 ―(88分 IN)
第2ステージ初めての試合出場。試合後は「短い時間だったからこそ、ボールを収めるといった自分の役割をしっかりしたかった」と反省。
 
MF
7 石原克哉 -(90分 IN)
守備固めの起用だったが、相手がセットプレーで立ち遅れた隙に前線に上がり、すぐに切り替えて守備に戻る「らしさ」を発揮。
 
監督
佐久間悟 5
意図的につくり出した決定機は81分の橋爪のヘディングシュートくらい。ドゥドゥ、松橋らを怪我人で欠くなか、引き分けで御の字の試合運びで勝点1を奪取。
 
 

1/3ページ

最終更新:9/18(日) 7:00

SOCCER DIGEST Web