ここから本文です

【鹿島|詳細データ付き】“不敗神話”を持つ男・鈴木優磨の凄み

SOCCER DIGEST Web 9/18(日) 14:23配信

「もっとギアを上げられるように」とベンチでスタンバイ。

[J1第2ステージ12節]
鹿島アントラーズ 3-0 ジュビロ磐田
9月17日/県立カシマサッカースタジアム
 
 磐田戦のキックオフを告げる笛は、ベンチで聞いた。5試合ぶりのスタメン落ち。「落ち込みました」と鈴木は正直な心情を吐露する。
 
 それでも、「途中から入って、いかにチームを勢いづかせるか」と、すぐに気持ちを切り替えていた。「前半から入りが良かった」とチームの戦いぶりを観察しながら、「自分がここに入って(流れを)崩さないように、もっとギアを上げられるように」と考えながら、スタンバイしていた。
 
 前半の昌子のゴールで1-0とリードしていた64分、鹿島は最初のカードを切る。石井監督は2トップのひとりである赤﨑に代え、鈴木を投入。そのままFWで起用した。
 
 ピッチに立って数分後、すぐに存在感を示す。右サイドからのクロスで金崎の決定機を演出すると、73分には柴崎のスルーパスに抜け出し、GKと1対1の場面を作り出す。カミンスキーを抜きにかかったところを倒されて、PKを獲得。「決める自信があった」と自らキッカーを務め、冷静に流し込んで貴重な追加点を奪った。
 
 ゴール後には、小刻みにステップを踏むパフォーマンスを披露。「あれは、ネイマール選手やマルセロ選手とかがやっているやつですね。(金崎)夢生君が疲れすぎていて、一緒にやらなかったのが、ちょっと心残りです(笑)」
 
 これで第2ステージではチームトップの5ゴール目を記録。年間を通じては、土居と並ぶ8ゴール目で、トップの金崎の9ゴールにあとひとつに迫る勢いだ。そして鈴木が得点した試合は、ここまで一度も負けていないという“不敗神話”を持つ。
 
 決定的な仕事をこなすだけでなく、チャンスメイクでも能力の高さを垣間見せた。終了間際には再び、相手の最終ラインの背後に抜け出す。そのまま自分で突き進んで勝負できたが、スローダウンして、時間を作る。左から上がってきていた金崎に横パスを通すためだ。
 
 結局、フリーでパスを受けた金崎は、このビッグチャンスをGKのファインセーブに阻まれて決め切れなかったが、件のシーンを鈴木は次のように振り返った。
 

1/3ページ

最終更新:9/18(日) 14:24

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。