ここから本文です

レディオヘッドの洗練されたミニマルなMV『Present Tense』を見る

ローリングストーン日本版 9/18(日) 17:00配信

ポール・トーマス・アンダーソン監督が、トム・ヨークとジョニー・グリーンウッドがギターとドラムマシンだけで演奏するシンプルなMVを撮り上げた。

【動画あり】レディオヘッドの洗練されたミニマルなMV『Present Tense』を見る

レディオヘッドのトム・ヨークとジョニー・グリーンウッドは、ポール・トーマス・アンダーソン監督が手がけた新曲『Present Tense』のMVで、極限まで無駄を削ぎ落とした演奏を見せる。

オレンジ色の灯りがぼんやり灯る薄暗い部屋で、キャンプファイアを前にしっとり歌う二人の姿。ドラムはローランドのCR-78(ドラムマシン)から聞こえてくるリズムだけで、二人の繊細かつ複雑なギター・サウンドが、ヨークの声と優雅に重なり合う。

『Present Tense』は、レディオヘッドがアンダーソン監督と組んだ2作目のMVで、最新アルバム『ア・ムーン・シェイプト・プール』リリースの数日前に公開された『Daydreaming』に続くタッグとなる。また同アルバムからは、クリス・ホープウェルが手がけたシニカルなMV『Burn The Witch』も公開されている。

ニュー・アルバム『ア・ムーン・シェイプト・プール』のおかげで、レディオヘッドは今夏のほとんどをツアーに費やし、今年のライヴも残すところあとわずかとなっている。残るアメリカでのステージは、9月30日から10月7日まで開催されるオースティン・シティ・リミッツ・ミュージック・フェスティバルのみとなっており、バンドは同フェス期間中にメキシコシティでもライヴを行う予定だ。

Text by Sahoko Yamazaki (RSJ)

JON BLISTEIN

最終更新:9/18(日) 17:10

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他