ここから本文です

プリンスの追悼コンサートにスティーヴィー・ワンダー、アギレラ等が出演

ローリングストーン日本版 9/18(日) 14:00配信

プリンスの追悼コンサートに、スティーヴィー・ワンダー、クリスティーナ・アギレラ、チャカ・カーン、ジョン・メイヤー等の出演が決定している。

スティーヴィー・ワンダー、プリンスへの思いを語る:「愛のある仲間を失ってしまったのはとても悲しい」

10月13日(現地時間)に開催される大規模なプリンスの追悼コンサートには、スティーヴィー・ワンダー、クリスティーナ・アギレラ、チャカ・カーン、モリス・デイ・アンド・ザ・タイムらが出演する。

来月、ミネソタ州のセントポールでプリンスの追悼コンサートが開催される。出演者には、プリンスの友人や彼のファンである有名アーティストたちの豪華な顔ぶれが名を連ねている。プリンスの公式追悼コンサートと謳われる同イベントには、スティーヴィー・ワンダー、クリスティーナ・アギレラ、チャカ・カーン、ジョン・メイヤー、トリー・ケリー、モリス・デイ・アンド・ザ・タイムらがパフォーマンスを行うことが決定している。コンサートは10月13日(現地時間)、エクセル・エナジー・センターで開催される予定だ。

その他の出演者には、アニタ・ベイカー、ダグ・E・フレッシュ、ビラル、ミント・コンディション、ジュディス・ヒル、リヴ・ワーフィールドらが名を連ねる。長年、ザ・ニュー・パワー・ジェネレーションのメンバーであったキーボーディストのモリス・ヘイズは、サードアイガールのメンバーと共に、全ての楽曲演奏の伴奏をする。

プリンスの異母姉であるシャロン・ネルソンは、声明の中で「私たちのブラザー、プリンスを追悼するための機会を世界中の人々に提供することができて、私たち家族はとても興奮しています」と述べた。

「世界中の多くのファンや友人が、偉大なるプリンスを称賛し、記念し、祝うための機会を望んでいました」と、プリンスの友人でありアドバイザーであったL・ロンデル・マクミランは加えた。「このような機会を持つことができて、私たちは感動しています」

追悼コンサートのチケットは、9月19日の午前10時(中部標準時)に米チケットマスターを通じて発売される。主催者側はイベント情報を更新するために、ツイッター上に同イベントの公式アカウント(@PRNTRIBUTEOCT13)を作成した。

プリンスの死の直後、ワンダーはローリングストーン誌に、プリンスがその名にふさわしい生き方をしたと考える理由をシェアしてくれた。「プリンスは飛び抜けて素晴らしく、刺激を与えてくれる存在だった」とワンダーは語った。「彼は親切で自制心があり、自分が目指す方向を知っていた。彼は大きな変革を遂げることを可能にした。もし、マイケル(ジャクソン)がキング・オブ・ポップならば、プリンスは皇帝だった。彼は、自身の音楽的自由のために闘った。彼は何物にも何事にも、自分のやり方の邪魔をさせることを許さなかった。ビートルズがそうしたように、彼も自分自身の道を進んだことで、他の全ての場所に通じる音楽を手にいれた。マーヴィン・ゲイがそうしたように、プリンスは現状を変えたいと思っていた。それは本当に自分に自信を持っていなければできないことだ」

Tanslation by Yuka Ueki

Kory Grow

最終更新:9/18(日) 14:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

ローリングストーン日本版の前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。