ここから本文です

働き盛りの「がん」、悩みはこんなに複雑だ

東洋経済オンライン 9月18日(日)5時0分配信

 1985年以来、日本人の「がん」罹患者数は男女ともに増え続けています。2016年のがん罹患数予測は、男女で合計約101万200例。2015年より約2万8000例増加しています(国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』)。

この記事の写真を見る

 一方、かつて「不治の病」と考えられていたがんが、医療の進歩により「付き合いながら治療する病気」に変わっている側面もあります。治療しながら仕事を続け「がんと共に働く」生活を送っているミドル世代も、決して少なくなくなってきました。

 30~40代、今まさに働き盛りのあなたが、突然がんを告知されたら、どうしますか。家族や友人、同僚がそのような立場に置かれたとき、どのように対処したらいいでしょうか……。胆管がん(ステージ4)と告知されながらも、インターネット上で仲間たちとつながるサービスを立ち上げた西口洋平さん(36歳)にお話を伺いました。

■入社15年目、「超働き盛り」の時にがん告知

 西口さんが自分ががんにおかされていることを知ったのは、今から1年半前。2015年の2月でした。

 「2014年の夏ごろから下痢が続き、半年間治りませんでした。おかしいと思い、内臓や細胞の検査をしたのですが、異常なし。けれども先生から『目が黄色いですね』と言われ、黄疸が出ていることが分かりました。即入院し、詳しい検査をすると、主治医の先生が神妙な雰囲気で体の絵を描きはじめ『悪性腫瘍の可能性があります』と言うのです」(西口さん)

 「胆管がん」。西口さんが聞かされた病名は、思いもよらないものでした。「死ぬかもしれない」。ただ茫然とし、途方に暮れたと言います。それでも、まず頭をよぎったのは「仕事、どうしよう」でした。

 「新卒で入ったエン・ジャパンに入社15年目。急速に成長した会社なので、会社を支える上層部は社長と同期数名という状態でした。しかし病院に通院しながらでは、勤務は週3、4回が限度です。入院を繰り返せば、有給休暇もなくなってしまう。仕事を続けられなくなれば、家族はどうするのか。まだ幼い子どもの養育費はどうしたらいいんだろう? ……と」(西口さん)

1/4ページ

最終更新:9月19日(月)4時15分

東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]