ここから本文です

伊でリベンジポルノの被害者自殺、レイプ拡散など相次ぐネットの性暴力

ニューズウィーク日本版 9/18(日) 1:35配信

<イタリアでネット上の性暴力が相次ぎ、文化までもが問い直されている>

 イタリア警察は今、ソーシャルメディアで拡散されていたレイプと思われる動画を捜査している。英紙ザ・タイムズによると、アドリア海沿岸の都市リミニの警察が、ナイトクラブのトイレでスマートフォンで撮影されたとみられる動画を調べている。被害者は17歳の少女だという。動画はメッセージアプリのWhatsAppで広がり、被害者が警察に駆け込むまでに50人ほどが見た。

 先週は、リベンジポルノの被害者が自殺する事件もあった。ナポリの女性ティツィアナ・カントーネは、火曜に遺体で見つかった。セックス中のビデオをウェブに上げられ、百万回もシェアされた。ビデオの中で彼女が言った言葉「録画してるの?ブラボー!」は嘲笑交じりの合言葉としてユーザーに広がり、Tシャツまで作られた。

 2つの事件はイタリアに、性暴力とネットに対する規制や文化の問題を突き付けている。「女性に対する性暴力は文化に深く根差した現象だ」と、上院議員のステファニア・ペッツォパーネはレイプ事件について語った。

 ナポリの検察は、リベンジポルノの被害者を「自殺に追いやった」容疑で調べを進めている。エレナ・センテメロ下院議員はこう言った。「こうした憎悪と暴力と戦うには、イタリアには新しい政策が必要だ」

ジョシュ・ロウ

最終更新:9/18(日) 1:35

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。