ここから本文です

餃子×ワインは合う!話題の餃子バル2店を食べ比べ

女子SPA! 9月18日(日)16時20分配信

 餃子にビールと言えば、晩酌の定番の組み合わせのひとつ。間違いなく「おいしい組み合わせ」ですが、どこかオッサンっぽいんですよね。でも最近は、女子でも餃子を楽しみやすいテイストのお店が増えているんです。

⇒【写真】女子でも餃子とワインを楽しめる、今注目の餃子バル

◆おしゃれに餃子を楽しめる「餃子バル」

 それが「餃子バル」。定番餃子に限らず、お店のこだわりのつまったオリジナル餃子とあわせて、ワインが楽しめるお店です。餃子×ビールだと女性ひとりでは敷居が高いけど、餃子×ワインならアリな気がしちゃうから不思議。

<都内の主な餃子×ワインが楽しめるお店>(2016年9月上旬調べ)

●渋谷エリア

GYOZA BAR Comme a Paris、立吉 渋谷本店

●新宿エリア

貘 餃子とワインバル、雷紋

●そのほか

餃子の花里(神田)、東京ぎょうザ IZUバル(茅場町)、餃子バル(赤坂見附)、東京餃子 あかり(飯田橋)、GYOZA SHACK(三軒茶屋)

 例えば、渋谷エリアの「GYOZA BAR Comme a Paris」は、パリから餃子×ワインのスタイルを逆輸入したと話題のお店。女子会でガッツリ中華系餃子は敬遠しがちだけど、おしゃれ感があるワインとの組み合わせなら楽しく食べられそうですよね。

 今年に入ってから、突然発作のごとく餃子ばかり食べている筆者。ずっと気になっていた「餃子×ワイン」のお店2つに足を運んでみました!

◆餃子のレベル高し!「貘 餃子とワインバル」(新宿御苑)

●店内の様子

 カウンター中心の小さなお店。ちょうど隣に座った外国人のお客さんのテーブルを見てみたら、餃子×ワインを食べていました! たまたまなのか、カウンターに座っている人全員ワインを飲んでいることに気づきました。

●どんな餃子があるの?

 餃子はシンプルな焼き餃子(記事冒頭の写真)と水餃子をチョイス。焼き餃子は肉汁に気を付けなければならないほどジューシーな小籠包タイプ。どちらも餃子自体の味付けがしっかりしています。

●実食! 餃子×ワイン

 肉と言えば赤ワインと決めてかかって、赤ワインを選択。お店の人おすすめの銘柄をいただきました。一緒に行った人は白ワインを飲んでいました。赤の渋みやスパイシーさと餃子の味は、違和感なくマッチしていました。餃子のレベルも高いので、また訪れることでしょう。

◆種類が豊富!「東京餃子 あかり」(飯田橋)

●店内の様子

 狭めの店内ですが、テーブル席もありおしゃれな雰囲気。仕事帰りの人がひっきりなしに来店しており、また予約も多いようです。餃子メインのお店なのに、女子同士やカップルが多いのも印象的でした。

●どんな餃子があるの?

 こちらのお店には、焼き餃子、水餃子、揚げ餃子それぞれにバリエーションがあり、大人数でちょこっとずつシェアしたいときに良さそうでした。ドリンクメニューにワインもあり、餃子に合わせてチョイスしたと思われる銘柄が並んでいました。

●実食! 餃子×ワイン

 今回は焼き餃子、水餃子、揚げ餃子を2種類ずついただきながら、赤ワインボトルをチョイス。味のバリエーションが豊か。洋風の餃子はチーズやトマトを使っていることもあり、ワインと違和感はゼロでした。

 調べを進めていくと餃子×ワインだけでなく、餃子×シャンパン、餃子×日本酒なんてお店もありました。いろいろ食べ比べ&飲み比べして、お好みのお店や組み合わせを探してみてください。

<TEXT/ミノシマタカコ>

女子SPA!

最終更新:9月18日(日)16時23分

女子SPA!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]