ここから本文です

独走カブスと勝率6割5分。メジャー30球団最高の先発投手陣。

Number Web 9月18日(日)18時1分配信

 シカゴ・カブスが地区優勝を目前に控えている。9月11日、142試合を消化した時点で91勝51敗。ナ・リーグ中地区2位のカーディナルスには16ゲームの大差をつけている。両者が直接対決する12日からの3連戦で地区優勝決めるのはむずかしいとしても、今週いっぱい、もしくは来週早々に、本拠地リグレー・フィールドで祝杯が挙げられるにちがいない。

 今季のカブスは、開幕前から本命だった。2012年からはじまったセオ・エプスタイン球団副社長の「チーム改造」が、5年目を迎えてほぼ完成に達したと見られていたからだ。

 実際、今季の先発メンバーを見ると、'11年以前から(マイナーもふくめて)カブス傘下にいた選手は皆無にひとしい。準レギュラーのハビエル・バエスやマット・シザー、あるいはウィルソン・コントレラスあたりがぎりぎりひっかかる程度で、他は'12年以降に新入団した、もしくは補強された選手ばかりだ。

 クリス・ブライアントやアンソニー・リゾといった主軸をはじめ、ホルヘ・ソレール、アディソン・ラッセルといった進境著しい若手も例外ではない。加えて、デクスター・ファウラーやベン・ゾブリストといった30代の中堅が渋い活躍を見せる。チーム打率(2割5分4厘。30球団中18位。9月11日現在。以下同じ)に比べて出塁率(3割4分1厘。30球団中2位)が断然高いのは、カブス打線の強みだ。

30球団中トップの防御率を支える先発6人衆。

 が、カブス快進撃の原動力は、なんといっても投手陣だろう。チーム防御率3.09は30球団中トップ。とくに先発は凄い。ジェイク・アリエータ('13年~)が17勝6敗、防御率2.91(9月11日現在)。ジョン・レスターが('15年~)が16勝4敗、2.51。カイル・ヘンドリックス(傘下のマイナーで'12年~)が14勝7敗、2.07。この3本柱以外に、ジョン・ラッキー、ジェイソン・ハメル(最近はマイク・モントゴメリーも先発陣に加わり、6人で回している)が脇を固める。

 なかでも最大のサプライズは、ヘンドリックス(26歳)の急成長ではないか。最高で150キロ弱だから、ヘンドリックスの球はけっして速くない。ただ、変化球は多彩を極める。トレードマークはスライダー回転のシンカーだが、2種類のチェンジアップを投げ分けるのもユニークだ。

1/2ページ

最終更新:9月18日(日)18時1分

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

911号
9月23日発売

特別定価600円(税込)

<広島優勝 特別編集>カープの魂。

【スペシャル対談】黒田博樹×新井貴浩
【ナンバーノンフイクション】鈴木誠也が“神る”まで。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]