ここから本文です

カープの躍進を見て由伸巨人に思う。“観客を楽しませる”意識はあるか?

Number Web 9月18日(日)8時1分配信

 8月末、ナゴヤドームで「中日ドラゴンズvs.広島カープ」の試合を観た。試合は延長戦で爆発したカープの勝ち。

 びっくりしてしまった。「野球ってこんなに見せ場があるのか」と。

 とにかくまぁ、カープ打線の元気なこと! 飛んでいく打球まで覇気がある。巨人の試合と見比べてしまうのはよくないことだとわかっているのだけど、広島の試合は魔法にかけられたように面白かった。うっとり。

 私は打線に惚れ惚れしていたのですが、一緒に観戦した横浜ファンは「あー、広島の内野陣は何であんなに守備がうまいのか」と守備にうっとりしていた。お互い、隣の芝生は青く見えすぎた。

 誰が観てもきっちりと魅了される今年の広島カープ。ありていに言えば、チケット代の損をさせない。勝利や優勝という結果を言っているのではない。「試合中」に元をとれるからエライと思った。観てて楽しいんだもの。

 私の後ろの席にはカープ女子がいた。東京から名古屋に駆けつけたという。鈴木誠也のファンなのだろう、試合中ずっと「セイヤ、セイヤ!」とまさにお祭りのようだった。そのカープ女子は、25年前の優勝時はおそらく30代だったと思われる。今年まで長かっただろう。でもあの様子だと「途中」もじゅうぶん楽しんだ25年だったかも。おばちゃん、優勝おめでとう。

前回の執筆時点では猛追していた巨人だが……。

 では高橋由伸の話をしよう。2016年の高橋由伸。

 先月このコラムを書いた時期は巨人が広島に猛迫していたとき。「最大11あった首位・広島とのゲーム差はわずか2週間で半減した。8月14日終了時点では6.5ゲーム差」という頃だった。

 そして、《あと1カ月後、2カ月後、高橋由伸はどんなドキュメントを見せてくれるのか、まったく予想がつかない。一気の上昇か、はたまた息切れか。このルーキー監督の今の状況は「ある程度の読み」すら誰もできない。すごい、だから面白い。》と書いた。

チケット代の分だけ観客を楽しませたのだろうか?

 一気の上昇か、はたまた息切れか。……見事に後者でした。ズルズルという音が聞こえてきそうな後退っぷり。

 ここで巨人の弱さ、覇気の無さについて「喝!」を入れるのもいいいんだけど、問うとしたらひとつだけ。「勝ち負けは別として、チケット代の分は観客を楽しませた? ということ。試合中にすでに元をとらせる「興行」をした自負はあるのかないのか。シーズンが終わったらその点もふりかえってほしい。選手だけでなく球団の人も。

 勝ち負けだけでなく、未来の夢もチケットで見たいというなら、高橋由伸は若手にも大きなチャンスを与えた2016年だった。

 野手では岡本、重信、投手では桜井、平良、長谷川。二軍から昇格して即先発の平良、長谷川の試合は夢があったなぁ。しかし活発な姿は一軍のグランドでは見せることはできなかった。その上の大田、中井、橋本到クラスのじれったさときたらもう芸の域。

1/3ページ

最終更新:9月18日(日)8時1分

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

911号
9月23日発売

特別定価600円(税込)

<広島優勝 特別編集>カープの魂。

【スペシャル対談】黒田博樹×新井貴浩
【ナンバーノンフイクション】鈴木誠也が“神る”まで。

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。