ここから本文です

不動産より高リターンが見込める「土砂運搬船投資」とは?

週刊SPA! 9/18(日) 16:20配信

 右肩上がりの経済成長はとうに終え、低成長時代に突入したニッポン経済。それでもバブルのごとく稼ぎ倒す強者は、少数ながら存在する。彼らは常人と何が違うのか――新型富裕層に秘密のスキームを直撃した!

<金森重樹さん…年収6453万円/土砂運搬船投資>

実業家。不動産投資に明るく、アパート一棟買い仲介会社やメガソーラー発電所を運営する。常に投資情報に目を光らせ、他人がやる前に実行する超行動型富裕層。『100%得をするふるさと納税生活』など著書多数

◆不動産はもはや天井! オルタナティブ投資に開眼

「ここ最近のテーマは脱不動産。今市場に出回っている物件では高いリターンは見込めない」

 と話す金森重樹さんが最近熱心に取り組んでいるのは、オルタナティブ(代替)の投資先。投資妙味のある案件は探せばまだあるという。その1つが、土砂運搬船だ。

「プッシャーバージ船といって、平べったい船を1.3億円で購入しました。といっても手持ちの銀行株を担保に融資を受けたので、手銭は出ていません。1500t積載できるこの船は川崎―木更津間を巡航するのですが、土木会社に貸し出して、月に250万円のリース代を受け取っています。年間の利回りにして24%。これが10年間続くので、最終的には投資金額の約2.4倍になる計算です」

 船体は古く、2年で減価償却できるため税制面でもお得感がある。メンテナンスや保険料はリース先の土木会社が持つ契約で、ランニングコストもかからない。実にうまみの多い投資だと金森さんもホクホク顔だ。

「トラックだと10t積んで運ぶのにも1人ドライバーが必要でしょ。それが船だと一隻で1500t運べてしまうから効率がいい。何をするにも土砂の運搬は発生するので、需給が安定しているのもいいですよね」

 土砂の運搬業を手掛けるうちに、土のポテンシャルに気づいた金森さんは、今度は掘るほうにも力を入れ始めた。山の持ち主に採掘料を支払う採石業者のスポンサーとなったのだ。

「防風林をつくるのにも、マンションを建てる際に高低差を埋めるのにも土砂は必要。実際に1立法メートル掘り起こすと、元値の何倍かで売れるんです。南相馬市などの山林に5000万円を投資しましたが、こちらは1年半で1億円になる見通しです」

 土砂運搬船と山への投資から得られる額を合計すると、これだけで年に約6453万円になる。ただし、金森さんはこの投資先に楽してたどり着いたわけではない。

「年中いろんな案件が舞い込みますが、お互いがお互いを保証できる状況でないと話には飛びつかない。投資する前には徹底して調査をかける手順は絶対必要です」

<金森さんの富豪哲学>

・不動産投資よりも利幅が大きい投資先を探す

・乗り物系は減価償却の期間が短いので◎

・景気に左右されない業態を調べつくす!

― [新型富裕層]の裏錬金術 ―

日刊SPA!

最終更新:9/18(日) 16:20

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2016年12月6日号
11月29日発売

¥390

・[死ぬまで年収300万円]の病巣
・眼を劇的によくする方法
・[(裏)流行語大賞]2016
・【インタビュー】ピコ太郎と古坂大魔王

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。