ここから本文です

アーケードスティック派は三和電子!格ゲーもSTGも俺好みに【TGS2016】

日経トレンディネット 9月18日(日)15時54分配信

 物販ブースには、アーケードゲーム向けコントローラー用のジョイスティックや押ボタンを製造する三和電子が出展。家庭用ゲーム機やアーケード基板向けのアーケードコントローラーに採用されている、ジョイスティックや押ボタンのオリジナル交換部品を販売している。店頭ではなかなか触れない品だけに操作感を試したり、ここだけのアイテムも多いことから多くの人が訪れている。

【関連画像】先行販売や普段購入できない品も多いだけにかなり賑わっている

 素人目に見ても楽しいのは、先行販売のメタリック金・銀のレバーボールと押ボタンだろう。自宅にジョイスティックがあるなら全部交換したくなる品だ。

 さらに、マニアックな製品としては、ギターと同じメイプル素材のレバーボールや、静音型ジョイスティックレバー、ゲームセンター風のシールといったものもある。

 また、物販ブースを並べるアークシステムワークスのギルティギア、ブレイブルー、ぶるらじなどシリーズキャラクターのレバーボールや押ボタンも販売。ファンならぜひジョイスティックに装着したいアイテムだ

 格闘ゲーム好きやシューティングゲーム好きなら一つは持っているであろうアーケードスティック。カスタマイズは難しそうと考える人もいるかもしれないが、サイトでも情報を提供しているのでぜひ挑戦して欲しいとのこと。そろそろアーケードスティックに手を入れてみたいなという人は、ぜひ足を運んでみると良いだろう。

(文・写真/島徹)

最終更新:9月18日(日)15時54分

日経トレンディネット

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]