ここから本文です

藤田ニコルが歌手デビュー 3足のわらじ使い分け

NIKKEI STYLE 9月19日(月)7時0分配信

 「にこるんビーム」などの自由奔放な発言と、明るいキャラクターで人気を集め、バラエティーを中心にテレビで活躍中の、モデルの藤田ニコル。6月には、女優として月9ドラマのスピンオフ版『好きな人がいること~サマサマキュンキュン大作戦~』(フジテレビオンデマンド)にも出演。活動の場を広げ続ける彼女が、シングル『Bye Bye』で歌手デビューした。モテる男の子との恋愛を通し、自分の弱さや彼とも「バイバイ」するという前向きな失恋ソングで、踊り出したくなるようなノリのいいメロディーに乗せて、かわいく歌いあげている。

 ふじた・にこる 1998年、埼玉県出身。2009年、ファッション雑誌『ニコラ』のモデルオーディションで1万4076人の中からグランプリの5人に選ばれ、専属モデルとして芸能界デビュー。14年6月からは『ポップティーン』の専属モデルを務めるなど、女子中高生からカリスマ的な人気を得る。ツイッターのフォロワーは120万人を超える。
 
 昨年末にマネジャーからデビューの話を聞いた際は、「私なんかで大丈夫かな?」と一瞬ためらったが、2016年は新しいことに挑戦する年にしたかったのだそう。だが、カラオケではサビの部分で高音が出ずに、友達にマイクを回してしまうなど、歌には自信があるほうではなく、苦労したと振り返る。
 「低くて特徴的な声なので、どう歌っても、結局いつもの藤田ニコルになっちゃうんですよね(笑)。ただ何度もお風呂で練習するうちに、『自分の声っていいな』と改めて思うようになりました。決して上手ではないかもしれないけれど、聴いてもらった人の耳に残るんじゃないかと。今では自分の歌声にプライドを持っています」
 今回は共作で作詞にも挑戦。恋愛では、相手から「重い」と言われることも多い実体験が色濃く反映されている。「こっちは夜中3時までずっと待ってる」という歌詞は、好きな人からの連絡を深夜まで待ち続けた自身のエピソードから。「2時ならまだ待てちゃうし、4時だと外も明るくなってきて気持ちも切り替わる。3時というのが一番思いが募る絶妙な時間なんです」とこだわりをみせる。
 まず聴いてもらいたいのは、ファン層である女子中高生だが、幅広い世代の人にも楽しんでもらえる曲になったという。
 「上の世代の方にも、この曲で若い子たちの恋愛事情を知ってもらえるとうれしいです。またBye Byeするものは、みんなそれぞれイヤなものに変換してもらえ
ればいいのかなと。会社勤めの方だったら上司とかでもいいし(笑)」
 歌手活動は自身の新たな武器になると考えているそうだ。「モデルでのファッション好きな私、テレビでの本音トークキャラ、そして皆に元気を与える歌手としての藤田ニコル。今後はこの3つのスイッチを使い分けていきたい」。彼女の目標はあらゆるテレビ番組に出演することで、「歌手だからこそ出演できる、数々の音楽番組にも出てみたい」と意欲的だ。
 世間が抱く天然キャラクターというイメージとは異なり、思慮深い一面ものぞかせる彼女は、今後さらにファンの裾野を広げていきそうだ。
(「日経エンタテインメント!」9月号の記事を再構成。敬称略、文・中桐基善 写真・中村嘉昭)
[日経MJ2016年9月9日付]

最終更新:9月19日(月)7時0分

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]