ここから本文です

カープ緒方監督夫人・かな子さん ファンからすれば恩人

NEWS ポストセブン 9/19(月) 7:00配信

 25年ぶりとなるカープのリーグ制覇に沸く広島では、就任2年目でチームを優勝に導いた緒方孝市・監督(47)とともに、かな子夫人(43)の評判がうなぎ登りだという。

「昨オフ、4位でCS進出を逃した緒方監督の采配に批判の声が高まっていた時、かな子夫人が地元ラジオ番組などに積極的に出演し、『家にいる時もチームのことばかり考えている』といった好フォローを連発し、ファンも“もう少し長い目で見守ろう”と気持ちよく今季の開幕を迎えられた」(40代カープファン)

 中條かな子の芸名でグラビアアイドルとして活動していた夫人は、1996年にカープの現役選手だった緒方監督と結婚。古株のカープファンは「あの結婚があったから今年の優勝がある」と感慨深げに語る。

「1999年オフに緒方がFA権を得た時、長嶋・巨人が獲得に動いて移籍が有力視されていた。その時、熱心に残留するよう説得してくれたのが地元出身のかな子夫人。1999年オフに代わりに巨人に移籍した江藤(智)は今、ジャイアンツの打撃コーチ。あの時に緒方が巨人に行っていたら、生え抜きとしてカープ監督になることも、今年の優勝もなかっただろう」

 ファンからすれば“恩人”ということのようだ。加えて、夫人のマルチな才能にも注目が集まる。

「趣味の油絵の腕前は相当なもので、白日会展など数多くの美術展で入選を果たしている。3年前には銀座の画廊で個展を開いたほど」(カープ担当記者)

 芸能活動は、夫がカープ監督ということもあって地元重視を徹底。県の少子化問題キャンペーン、中国地方限定のビール広告などでイメージキャラクターを務め、「読売新聞の広島県版で月1回の連載もある。地元ではもちろん有名人だが、街中で声を掛けても、気さくに笑顔で挨拶を返してくれる。地元チーム監督の良妻の見本」(前出・古株ファン)ととにかく高評価。

 新井貴浩、菊池涼介、鈴木誠也らMVP候補だらけのカープだが、陰のMVPは「神ってる才能」を見せる監督夫人ということか。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年9月30日号

最終更新:9/19(月) 11:40

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。