ここから本文です

歯磨きや手洗いを身につける、バイリンガル玩具がすごい

東京ウォーカー 9月19日(月)6時0分配信

子どもが1歳を過ぎたあたりになってくると、親にとっての重大課題のひとつに「生活習慣を身に着けてもらう」という項目が増えるもの。歯磨き絵本を読んでみたり、パペット的なぬいぐるみで実演してみたりと、手をかえ品を変え、日々悪戦苦闘しているママ&パパはたくさん。「ごはんを食べたら歯磨きしようね」「外から帰ってきたら手を洗おう!」一生懸命声をかけているけど、肝心の子どもはイマイチわかっていないみたい? 

【写真を見る】子どもの「触ってみたい!」「動かしたい!」を刺激しまくる、魅惑的なギミックが満載なのだ。



そんなお悩みを、楽しくサポートしてくれる知育玩具が登場した。ポップなデザインのプレイマットやジャンパルーで有名な「フィッシャープライス」に、新たにラインナップされた「スマートステージ・バイリンガル・シンク」である。おままごとサイズのカラフルなシンク(洗面台)が、歯磨きや手洗いなどを、めいっぱい楽しく演出してくれるのだ。



付属品として用意されているくしやタオル、歯ブラシや歯磨き粉、石鹸などを手にとり動かすと、シンクが褒めてくれたり、ライトアップされたりするというから、子どもの好奇心がくすぐられまくりなのは言わずもがな。さらにシンクから流れてくるおしゃべりや歌は日本語と英語の2バージョンあるので、バイリンガル教育の一環としても役立つのだ。



興味を引き付けられて楽しく遊んでいるうちに、身だしなみの習慣とバイリンガル教育もはじめられるというすごい知育玩具。うちの子は英語はまだちょっと早いかも? という場合でも、とにかくママの真似をしたくて仕方のないおませさんのテンションを上げるのにはもってこいである。ポップなインテリアな好きなおうちになら、出産祝いやお誕生日プレゼントに送っても喜ばれそう。生活習慣を身に着けるには、まずは楽しく興味を持ってもらうことが基本だから、こんなおもちゃの助けを借りることも検討してみては? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9月19日(月)6時0分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう