ここから本文です

育休取得で社内環境が過酷に激変 どこに相談すればいい?

NEWS ポストセブン 9/19(月) 7:00配信

 厚生労働省が、これまで最長1年半だった育児休業を2年に延長することを検討し、年内にも結論が出る見通しだ。長い休暇から復帰すると、大なり小なり社内の状況は変化しているものだが、育児休暇を取ったら社内の環境が激変してしまった場合、どこに訴えれば良いのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 半年間の育児休暇を取りました。職場復帰すると、それまでのプロジェクトから外されて、どうでもよい仕事に就かされ、同僚の態度もよそよそしいのが悲しいです。ボーナスも半額以下でした。この現状をどこに訴えればよいですか。今の社会において育児休暇を取ることは悪いことなのでしょうか。

【回答】
 育児・介護休業法は、労働者が育児や介護のために休業・休暇を取りやすくして、職業生活と家庭生活を両立させることを目的としていますが、第10条で「事業主は、労働者が育児休業申出をし、又は育児休業をしたことを理由として、当該労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはならない」と定めています。

 また、第22条では育児休業後の就業が円滑に行なわれるように、事業主に対し、労働者の配置や雇用管理、職業能力の開発及び向上等に関し、必要な措置を講ずる努力義務も課しています。そのため多くの場合は、育休前の職場復帰がなされます。

 あなたの場合、職場復帰後に仕事の中身が変わったとのことですが、業務内容を決定するのは事業者ですから、事業者が必要を認めて新たな仕事を指示することは可能です。ただし、変更の必要もないのに職種や仕事の内容変更は、育休が原因と推定され、その結果、給与や手当が減れば不利益扱いとなります。

 そうなると育休を躊躇させることになりかねません。このような業務命令は無効であり、減額分の賃金の請求もできます。なお、配置転換の必要があっても、労働者の同意がなく一方的に減給をともなう降級や降格は、別に人事権濫用の問題になります。

 ところで、賞与が半額以下になったとのことですが、半年間休業したのですから、ノーワークノーペイの原則からは当該半年間分に対応する賞与が減額されるのは、やむを得ないと思います。しかし、職場の冷たい雰囲気は、事業者が従業員に育休への理解を深めるよう改善すべきことです。

 会社の育休への対応に不満がある場合には、都道府県の労働局長の助言を求めることができ、そのことで事業者は労働者を不利益扱いできません。労働基準監督署に相談することをお勧めします。

【弁護士プロフィール】
◆竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2016年9月30日号

最終更新:9/19(月) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。