ここから本文です

まるで本物!?静岡・焼津で食品サンプル作りに挑戦

東京ウォーカー 9/19(月) 7:00配信

食欲の秋、運動の秋…と、様々な楽しみ方ができるこの季節。今回は“芸術の秋”にスポットを当てて、大人も子どもも楽しくモノ作りを体験できる「葵サンプル」をご紹介。

【写真を見る】本物そっくりなパフェが自分の手で作れる!

静岡県焼津市にある葵サンプルは、食品サンプルの職人であったご主人が創業し、体験教室を始めたところ大人気に。現在も職人が制作を行う工房内で、体験教室を開催している。さまざまなコースがあるのも魅力的。事前に必ず予約を!

それでは、食品サンプル作りの手順を見ていこう。

■ 1、中に入れる具を選ぶ

今回は3240円のパフェ(高さ13cm、作業時間約60分)作りに挑戦。フルーツなどの具材を20種類以上から選ぶ。

■ 2、グラスにシリコンを注入

続いて、グラス内に白いシリコンを流し込み、具材を外側から見えるように配置する。

■ 3、アイスクリームを作る

お次は粉末状シリコンに液体シリコンを混ぜ、こねてアイスクリームを作る。ここで色も付けられる。

■ 4、フルーツを盛り付ける

作り終わったら、グラスの上にフルーツを盛り付け、中央にアイスクリームを配置。バランスに注意しよう。

■ 5、完成!その場で持ち帰れる

盛り付けを終了したら、後は乾燥させて完成!ケースに入れて、そのまま持ち帰れる。

本物そっくりな食品サンプルが作れる葵サンプル。他にもスイーツや海鮮丼のストラップが作れるコースがあり、様々なパーツを組み合わせられる。何度も足を運んで挑戦してみよう!【東京ウォーカー】

最終更新:9/19(月) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。