ここから本文です

Lightningコネクタ直結のノイズキャンセリングイヤホン

R25 9/19(月) 7:00配信

Lightningコネクタ直結のノイズキャンセリングイヤホン

写真:R25 Lightningコネクタ直結のノイズキャンセリングイヤホン より

毎年恒例、秋のiPhone発表会で新たにiPhone 7シリーズがデビューしました。防水仕様やFeliCa搭載など話題は盛りだくさんですが、中でも驚いたのは3.5mmのイヤホンジャック廃止ではないでしょうか。

一応、Lightningコネクタに直接接続できるイヤホンと、従来のイヤホンジャックに変換するアダプターも同梱されてはいますが、多くのユーザーは衝撃をもって受け止めた様子。

さておき、そんなイヤホンジャック廃止を見越してか、いちはやく(iPhone 7発表前に!)Lightningコネクタ直結のイヤホンとしてリリースされたのがJBL『REFLECT AWARE』です。しかも単なるカナル型イヤホンではなく、ノイズキャンセリング(NC)機能付き。

これまでのNCイヤホンは、有線のものはバッテリーボックスがついていたり、ワイヤレスのものは別途充電が必要でした。しかしREFLECT AWAREはLightningに直結することでバッテリーをiPhone側から供給。つまり、NCイヤホンながら、邪魔なバッテリーユニット部がなくなったというわけです。

イヤホンの音質は大口径14.6mmの新開発ドライバにより、JBLならではの重低音を響かせるタイプのもの。また、NC機能をON/OFFする無料アプリ「My JBL Headphone」を使えば、環境音の聞こえやすさをHigh/Medium/Lowから調節ができるほか、イコライザーで自分好みの音に仕上げることも可能です。

ただ、肝心のNC効果はかなりマイルドめ。「環境音もあるていど流しながら音楽を安全に聴く」という方向に振っているように感じられました。

ともあれ、新しいiPhone 7を購入するなら──Bluetoothイヤホンとともに──誰もが一度は検討するであろうLightningイヤホン。その候補の中にNC機能付きのREFLECT AWAREを加えてみてはいかがでしょうか。

(熊山 准)

『REFLECT AWARE』(JBL/価格:1万9880円)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/20(火) 20:14

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。