ここから本文です

食欲の秋を満喫!東海秋のグルメフェス6選

東京ウォーカー 9/19(月) 7:00配信

秋といえば、食欲の秋!東海エリアでは、食欲の秋を満喫できるグルメフェスが数多く開催される。今回は、10月・11月に開催されるグルメフェスをピックアップ!

【写真を見る】モクモク手づくりファームの収穫祭名物「豚かば丼」を堪能しよう

■ 第7回ちいき絆ねっと~食の陣~2016 in 日本昭和村

10月2日(日)に開催される「第7回ちいき絆ねっと~食の陣~2016 in 日本昭和村」は、美濃の食材や調味料を使った創作グルメのコンテスト。昨年に続き、麺料理をテーマに約20店が自信作を披露する。大勢の人が集まり、地元人気店のアイデアグルメを味わう。野菜販売の軽トラ市やステージイベントも行われる予定だ。

昨年は美濃白川産のトマトソースパスタがグランプリを獲得。割り箸を使っての投票に参加し、麺バトルの行方を見届けよう!

■ なごやめし博覧会2016

約300店が参加する食べ歩きイベント「なごやめし博覧会2016」は、10月1日(土)から11月13日(日)に開催。チケット(2枚つづり1240円ほか)を購入して、名駅や栄、伏見、金山、大須などの店でなごやめしを食べよう。9/30(金)には、大須演芸場(予定)で前夜祭が!出演者と一緒に盛り上がって。

■ 第6回 NAGO-1グランプリ

10月6日(木)から16日(日)に開催の「第6回 NAGO-1グランプリ」には、地産地消をテーマに、愛知県産の食材を使用した名古屋グルメが登場。居酒屋メニューやスイーツ、麺類など多彩なジャンルの名古屋めしがラインナップ!22店の中から、「これぞ!」と思う料理に投票してグランプリを決めよう。

■ 第22回収穫祭

「伊賀の里 モクモク手づくりファーム」で10月8日(土)から10日(月・祝)に開催するのが「第22回収穫祭」。新米や旬の野菜、果物といった秋の味覚を存分に楽しめる。青空の下で、ブタやヒツジなどが走る恒例のモクモクダービーも見逃せない。祭り名物の豚かば丼(各880円)はバラ肉と肩ロースの2種類があり、大人気だ。

■ 第11回飛騨新そば祭り

香り高い新そばを堪能できる「第11回飛騨新そば祭り」は、10月22日(土)と23日(日)に開催する。そば打ち名人による実演を見ながら、7店(予定)自慢の手打ちそばを食べ比べるのも楽しい。また、5~10軒のテントが並ぶ「ふるさと物産市」も行われる予定だ。周辺の紅葉も美しい!

■ パンマルシェ 8 in久屋大通公園

10月30日(日)に開催される「パンマルシェ」は、東海エリア最大級のパンイベント。今回の「パンマルシェ 8 in久屋大通公園」には人気ベーカリーが50店以上も集まるので、パン好きには見逃せない。さらに、さまざまなワークショップも実施予定だ。原材料や製法にこだわった店がラインナップするので、気になるパンはどんどん買おう!

おいしいものが続々登場するグルメフェス。事前にイベントを調べて、食欲の秋を堪能しに行こう!【東海ウォーカー】

最終更新:9/19(月) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。