ここから本文です

満足感大で昼食にも夕食にもおすすめ「卵とえびのあんかけ焼きそば」

東京ウォーカー 9/19(月) 10:30配信

「あんかけ焼きそば」と聞くと、外食のイメージという人も多いのでは? でも「あん」さえ作って中華揚げ麺の上にかければ完成なので、麺をゆでたり炒めたりする手間もなく、実は家で作るのにぴったりのメニューなのだ。今回はカラフルな具材で見た目も楽しく、食べればきくらげの食感も楽しいレシピをご紹介。ボリューム感もたっぷりで満足度が高いので、昼食にも夕食にもおすすめの一皿だ。

【写真を見る】乾燥きくらげは、水からじっくりと戻す

【卵とえびのあんかけ焼きそば】(1人分533kcal、塩分3.4g)

<材料・2人分>大正えび80g、卵2個、きくらげ(乾燥)大さじ1、チンゲンサイ1/2株、中華揚げ麺2玉、合わせ調味料(中華スープ[とりガラスープの素小さじ1弱+水]1と1/2カップ・酒大さじ2・しょうゆ大さじ1・片栗粉大さじ1/2・塩・こしょう各少々)、サラダ油

<作り方>

(1)小さいボウルに卵を割り入れて溶きほぐし、水大さじ2を加えてよく混ぜる。えびは殻をむいて背わたを取り、3~4つに切る。きくらげは水でもどす。チンゲンサイは3cm長さに切る。合わせ調味料は混ぜておく。

(2)フライパンに油大さじ1と1/2を熱して1の卵液を流し入れ、縁から内側へ向かって大きく混ぜて、半熟状になったら取り出す。

(3)(2)のフライパンにえび、きくらげ、チンゲンサイを順に加えながら炒め、全体に油がまわったら、合わせ調味料を加え、煮立てる。えびに火が通ったら(2)の卵を戻す。

(4)皿に麺を盛り、(3)をこんもりとかける。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/19(月) 10:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。