ここから本文です

TDSハロウィーン一押しグルメ!ジャファー様のカレー店に潜入

東京ウォーカー 9月19日(月)12時2分配信

東京ディズニーシーの「ディズニー・ハロウィーン」は、今年もヴィランズ(ディズニーの悪役)たちが大活躍!10月31日(月)までの期間、メディテレーニアンハーバーでのショーに加え、さまざまなアトモスフィア・エンターテイメントが実施される。今回はその中の1つ、レストラン「カスバ・フードコート」でのマジックショーを記者が体験してきた。

【写真を見る】変幻自在に形が変化!正統派マジシャンが披露するフォーク曲げは驚きの連続

本格的なカレーとエキゾチックな雰囲気で人気を博す、アラビアンコーストのカレーレストラン「カスバ・フードコート」。そんな同店が、「ディズニー・ハロウィーン」期間中はマジックショーを楽しめるレストランに様変わりする。マジックを披露してくれるのは、宮殿の中庭で行われるアトモスフィア・エンターテイメントにも出演している、3組のマジシャンたちだ。

まず最初に記者のところへやって来たのは、「マジックランプシアター」でお馴染みのシャバーンとアシームのコンビ。シャバーンはテーブルに置かれたカレーを発見すると、いかにもインチキくさい呪文を唱え始めた。するとスプーンの柄が伸び、記者のカレーへ一直線!「食べられちゃう!」と思ったその時、きちんとシャバーンを制してくれるアシーム。息ぴったりな2人のやり取りに、自然と笑みがこぼれる。

次は紳士的な正統派マジシャンが登場し、フォークを使った華麗なマジックを次々と展開。何もないはずの場所にフォークが現れるところから始まり、あれよあれよという間に柄が曲がり、ねじれ、先端がさまざまな方向へと傾いていく。実際にフォークを触ってみたが、ごく普通のフォークで、仕掛けがあるとはとても思えない。本格的なマジックに、思わず見入ってしまった。

最後は黒魔術師のクロちゃん!「派手なマジックを」とリクエストすると、光るカラフルなボールでジャグリングを見せてくれた。慣れた軽やかな手つきで、ボールを自由自在に操るクロちゃん。黒魔術ではないかもしれないが、あっと驚く大道芸(?)と愛嬌たっぷりのキャラクターに、魅了されること間違いなしだ。

■ 爽やかな辛さがクセになる「ブラックカリー」

マジックショーを満喫した後は、ジャファーをイメージした「スペシャルセット」(1580円)を堪能。同メニューは、ピンク色のナンがインパクト抜群の「ブラックカリー、スパイシーチキン添え ライスとナン付き」と「ラズベリー&チョコレートムース」、ソフトドリンクの組み合わせだ。

ジャファーの黒いマントを思わせるブラックカリーは、喉にピリッと辛さが残るスパイシーな一品。一口食べるごとに辛さが蓄積されていくのだが、素材の旨味が溶け込んだ深みのある味わいが後を引き、スプーンが止まらない!ジューシーなチキンをカレーに絡めて食べてみると、これまた美味。

あっという間に完食し、次はデザートへ。辛さで満たされていた口の中が、今度は濃厚なチョコレートと甘酸っぱいラズベリーの風味に塗り替えられていく。こちらが求めている味に、的確に応えてくれる同店の「スペシャルセット」。「ジャファー様、恐れ入りました!」と頭を下げずにはいられない、魅惑的なおいしさだ。

「ディズニー・ハロウィーン」ならではのメニューを味わいながらマジックも楽しめる、何とも欲張りな「カスバ・フードコート」。この機会に、ぜひ足を運んでみて!【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

※通常公演ではテーブルごとではなく、ダイニング全体に向けてマジックを実施

最終更新:9月19日(月)12時2分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]